ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: セルビア

セルビア北部の街スボティツァ(Subotica)。ずっと再訪したかったシナゴーグを見学し、その感動の余韻に浸りながら駅への道を急いだ。
 

ところで、このあたりでは私の大好きな壁画にもちらほらと出会えた。

IMG_5748
IMG_5749

↑スボティツァのハンガリー語名「サバドカ(Szabadka)」が記載されているのに気付いた。


近くのスーパーでお土産を購入し、最後にセルビア正教会に寄ってみた。

IMG_5754


結局出発時刻に間に合ったので、バスではなく列車でブダペストに戻ることにした。

FullSizeRender

列車に乗ったらさっそくパスポートコントロールがあった。

IMG_5764

列車は定刻に出発。程なくフェンスを越えて、ハンガリー国内に入った瞬間にスピードが速くなった。ハンガリー側でのパスポートコントロールを終えると、なんだか急にホッとした。
ちなみに正直こんなに小さな列車がブダペストまで行くのが全然想像できなかったのだけど、ケレビア(Kelebia)という駅で別の列車に乗り換えるという仕組みになっているということを、この時初めて知った。

FullSizeRender

そして、乗り換えた列車もそんなに大きくなかった。新しかったけど。


あとはブダペストを目指して列車に揺られるだけなので、自分用のお土産に買ったアップルシードルでひと息。

IMG_5767

このパッケージ、なんとなく見覚えがあるなぁと思っていたら、前にスロヴェニアでも似たようなの買っていた。


それにしても、列車の中で全然やることがなくて、時間を持て余していたところ、行きに新聞を買っていたことを思い出した。ハンガリー語の練習にもなったし、これでだいぶ時間も潰せた。はずなのに。


このあと元々停車予定がないデールエジハーザ(Délegyháza)という駅で、列車が足止めを食ってしまった。乗務員によると、復旧の目処も立たないという。ブダペスト行きのバスがあるのことなので、そちらに乗り換えることにした。

IMG_5770

本当に何もない駅だったので、あたりは真っ暗だった。


ともあれ、無事にネープリゲド(Népliget)の長距離バスターミナルに到着。

IMG_5772

帰りはブダペスト東駅からを予定していたのに、振り出しに戻ってしまった。


あっという間だったけど(すぐに暗くなるし天気もイマイチだったけど)、1泊2日のセルビア北部ヴォイヴォディナ旅行、最後までしっかり楽しむことができた。いつかそう遠くないうちに、空が青い季節にまたぜひ訪れたい。

いよいよ今回のセルビア北部旅行の最終目的地、スボティツァ(Subotica)シナゴーグに到着。約2年前に初めて訪れた際はまだリニューアル工事中だったのだけど、それも2018年に完了したと聞いて、なんとしても再訪したかったのだ。

IMG_5702

フェンスの外から写真を撮ったところ、フェンスの一部がハート形になっているのに気づいた。それにしても、さすが中央ヨーロッパ第2の規模を誇るという堂々たる存在感だった(※ちなみに第1の規模を誇るのはブダペストのドハーニ通りのシナゴーグ)。


ぐるっとまわって、こちらが入口。

IMG_5738

中に入って、若い男性のスタッフに入館料の250ディナールを支払った。試しにハンガリー語で話しかけてみたら、(当然といえば当然だけど)ビックリされて、彼自身ハンガリー人だと教えてくれた。そして、このシナゴーグについて親切にいろいろと説明してくれた。ところで、この街も約100年前まではハンガリー領に属していて、ハンガリー語での名前を「サバドカ(Szabadka)」という。なのでハンガリー語での会話では「スボティツァ」ではなく「サバドカ」の方を使うわけで、この頃にはそういうのにも慣れてきた。


内部に入った瞬間、その美しさに息をのんだ。

FullSizeRender

1902年頃ハンガリー人建築家によって建設されたこの建物は、シナゴーグの中でもとても珍しいハンガリー・セセッション様式で、とてもかわいらしい内装だった。

IMG_5705

FullSizeRender

FullSizeRender

合計で1600名ものキャパシティがあるという。ステンドグラスをはじめ、随所にクジャクがモチーフとなった装飾もとても印象的だった。

FullSizeRender


階段を上がって桟敷席からも見学できた。

FullSizeRender

ドームの内側にはヘブライ語ハンガリー語の2言語で文章が記載されていた。

IMG_5728

もう、とにかく目に見えるものすべてが美しすぎて、いつまでもここで過ごしていたいくらいだった。


今でこそこんなに素晴らしい姿で出迎えてくれたわけなのだが、かつての第二次世界大戦で教徒が激減。1980年代には劇場として使われていた時期もあったという。しかしながらシナゴーグとしては、1990年代には世界でも有数の廃墟化が深刻なシナゴーグとなるほどにさびれてしまっていたのだという。それが、2014年にハンガリー政府の援助もあってリニューアル工事が開始され、少し前まで廃墟化していたとはとても思えないほどに美しくよみがえったのだった。


名残惜しさを胸に、ブダペスト行きの列車に乗るべく鉄道駅へと急いだ。あ、その前にお土産も買わないと。 

セルビア北部、ヴォイヴォディナ自治州のノヴィ・サド(Novi Sad)をあとにして、約2年ぶりのスボティツァ(Subotica)に到着。残念ながら、濃霧のせいですっかり白い景色なのだけど、そんな中でも建物はとても美しかった。
市庁舎(Gradska Kuća)もとても幻想的な雰囲気。

FullSizeRender

スロボダ広場(Trg Slobode)国立劇場も、相変わらず圧巻だった。

FullSizeRender

ちょうどクリスマスマーケットが開催されていて、日曜日で閑散とした街も、このあたりだけは賑わっていた。

IMG_5679

白い2つの尖塔が印象的なフランシスコ会教会(Franjevačka crkva)の近くを通りつつ、

IMG_5681

また先ほどの市庁舎の建物を裏側から見ながら、道を急いだ。冬季なので噴水はお休みの様子。

IMG_5682

IMG_5684

ハンガリー製品専門店も変わらずにそこにあった。

IMG_5686

そして、あのおじさんも。

FullSizeRender

とりあえず手を差し伸べておいた。

FullSizeRender


ほどなくして、最終目的地のシナゴーグに到着。もったいぶってしまって申し訳ないけど、その話は次回にゆっくりと。

セルビア北部、ヴォイヴォディナ自治州の州都ノヴィ・サド(Novi Sad)を初訪問した翌朝。世界は白、というか灰色の霧に包まれていた。

IMG_5645

FullSizeRender

少し先さえまったく見えないほどの濃霧で、せっかくこれからスボティツァ(Subotica)の美しい街並みを観に行くのに、先が思いやられた。


8時25分発・・・の予定が10分遅れでバスは出発。

IMG_5650

このバスはベオグラード(Beograd)から来ていて、ここまでの道のりも濃霧で大変だったことだろうと思われた。遅れて到着しても無理はない。


ただし、北に行けば行くほど霧は少しずつ薄くなってきて、ほぼ定刻通りにスボティツァに到着した。

IMG_5653

ここからブダペストまでの交通機関は14時2分発の列車を予定していたのだけど、念のためバスの時刻表を調べてみたら、14時45分発の便があった。

IMG_5654

もし、スボティツァからブダペストやウィーン、アムステルダムまで行く予定がある方がいらっしゃったら、こちらをご参考に(なかなかいらっしゃらないと思うけど)。
ともあれ、もし列車の時刻に間に合わなかった場合はバスで帰ることにして、街の中心地を目指した。
途中、完全ハンガリー語の看板を見つけたりした。

FullSizeRender


10分ほど歩いて鉄道駅に到着。まずは場所だけ確認。

IMG_5660

そして約2年ぶりに、その近くのライフル宮殿とハンガリー総領事館の建物を見ることができた。

FullSizeRender

外壁の装飾は相変わらず美しかった。


空が白いので、以前訪れた時と比べてどことなく違う雰囲気を感じたりもしたけれど、ひとつひとつの建物の記憶が少しずつ蘇ってきた。

IMG_5667

FullSizeRender

今回の旅のクライマックスでもあるシナゴーグ観光まであとひと息。

<後編>に続く!

<前編>はこちら


引き続き、セルビア北部、ヴォイヴォディナ自治州の州都ノヴィ・サド(Novi Sad)の旧市街を歩く。 

IMG_5565

IMG_5568

実は、この時点で時刻は15時50分頃。だんだんと暗くなっていく景色に若干不安になり始めたりしながらも、

IMG_5570

路地裏の雰囲気にすっかり魅せられながら街中を歩いた。

FullSizeRender


ほどなくして、ドナウ公園(Дунавски парк)に到着。ちょうどクリスマスマーケットが開催されていた。

IMG_5574

IMG_5578


公園を突っ切って、この街で一番行きたかったペトロヴァラディン要塞(Петроварадинска тврђав)へと向かったのだけど、ドナウ川にかかる橋に差し掛かった頃には先ほど感じた不安はますます濃くなっていた。

IMG_5586

この時点で16時18分。ということは、向こう岸に着く頃にはあたりは真っ暗。というわけで、対岸から眺めるだけにとどめ、再び旧市街に戻ることにした。


予感は的中して、街のシンボルのひとつでもある聖処女マリア教会(Римокатоличка црква имена Маријиног)に着いた16時52分時点でこの空。真っ暗

FullSizeRender


このあたりでもクリスマスマーケットが開催されていて、観光用の馬車も出ていて、とても賑わっていた。

FullSizeRender

IMG_5618

くどいようだけど、まだ17時前なのにこの暗さ。まだまだ夜は長かった。

IMG_5620

その一角に、かわいらしいワンちゃんたちを発見。

FullSizeRender

FullSizeRender

普通にみんな撫でたりしているので、そういうスペースなのかと思いこんでいたところ、すぐにワンちゃんたちはその場を離れてどこかに行ってしまった。よくよく振り返ると首輪もしていなかったし、なんだかとても不思議な空間だった。


キラキラと光るコカコーラ・ハウスも見つけた。

FullSizeRender

FullSizeRender

よく見ると、壁面はコーラの瓶でできていた。それがライトアップされると、なかなかおしゃれな空間となっていた。


まだ17時すぎだったのだけど、あたりがどんどん真っ暗になっていくので観光はここで終了。本当に、また日の長い季節に改めて訪れたいと思った。 次の日の準備もあるので、ホテルに戻った。40分くらい歩きながら。

↑このページのトップヘ