ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: クロアチア

ブダペストを深夜に出発して、0泊1日の弾丸旅行で訪れたクロアチア。朝の5時半到着後、サモボル (Samobor)首都ザグレブ(Zagreb)を駆け足で巡り、「ビストロ・フォティッチ(Bistro Fotić)」でランチを済ませてから、16時発の帰りのバスへと急ぐ。


バスターミナルへの道の途中でお土産を調達すべく、初めての道を歩くと、四角い形の広場にさしかかった。「ファシズム犠牲者の広場(Trg žrtava. fašizma)」という名前のその広場には、とても特徴的な円柱状の建物が堂々と佇んでいた。
 
IMG_1660

これは、「クロアチア・アーティスト協会(Hrvatsko društvo likovnih umjetnika)」だった。広場をぐるりと半周した先に、ブダペスト生活でもおなじみのスーパーマーケット「SPAR」があった。

IMG_1661

中でいろいろと購入。ついつい買いすぎて、結構な重さになってしまった。


鉄道の線路沿いの道を歩きながら、バスターミナルへと向かう。線路側の塀がアートスペース(もしくは落書きの場)となっているようで、途中「怪盗晴子節約」というなんとも気になる作品を見かけた。

IMG_1667

「怪盗」「晴子」の要素はなんとなくわかるが、「節約」の要素がまったくよくわからなかった。ポケストップになっている作品もいくつかあった。

IMG_1669

↓こちらは逆光で若干わかりにくいのだけど、塀の上に座っている人のようなモチーフが置かれていた。

IMG_1671

一番右、手だけ見えているということは、塀から向こう側に落ちてしまったのかもしれない。


10分ほど歩いて、バスターミナルが見えてきた。一番上に巨大スクリーンが設置されていて、さまざまなジャンルの広告が映し出されていた。

IMG_1673

IMG_1674


バスの時間までちょっとだけ時間があったので、構内のバーでビールタイム

IMG_1677

出発前にこうして飲むビールって、どうしてこんなにも美味しいのだろう?


行きと比べて帰りの車内はガラガラ。しかも乗客のほとんどがクロアチア人だったようで、国境審査もびっくりするほど早く終わり、あっという間にハンガリー国内に。車窓から見える菜の花畑がとても美しかった。

IMG_1681


定刻よりもちょっと早めにケレンフェルド鉄道駅(Kelenföld vasútállomás)に到着。ブダペストの自宅に戻るまでが弾丸旅行なのだ。

IMG_1683


最後にきて、ちょっとした出来事が。エスカレーターを降りてホームにいた検札官に定期券を見せると、「俺の弟なんだよ」と、スマートフォンの画面を見せられた。なんと、テレビ電話で弟さんと話している途中だったらしい。仕事中なのに(笑)。

IMG_1684

お互いブダペストに住んでいるのだけど全然会う機会がなく、電話したのも久しぶりだったとのこと。それから数十秒間、私も一緒に画面越しに弟さんと会話することになってしまった。仕事中だというのにテレビ電話をしていることもだけど、こうして通りすがりの乗客も巻き込んでしまうなんて、日本だったらとても考えられない勤務態度。でも、こういう人々の適当っぷりがハンガリーでの生活において好きなところでもある(みんながみんな、そういうわけではないけどね)。


いっぱい歩いたので、帰宅してシャワー浴びてソッコーで就寝。当初何も予定がなかったイースター休み。この1日だけで4日分くらい満喫してしまった。

<前編>はこちら


クロアチアの首都ザグレブ(Zagreb)で行きたかったのが、「石の門(Kamenita vrata)」とあともう2箇所。そのうちの1つが石の門からさらに坂を登ったところにある「聖マルコ教会(Crkva sv. Marka)」だった。

IMG_1612

この教会は、なんといってもカラフルなタイルで装飾された屋根が特徴。あとで知ったのだが、ハンガリーが誇る陶磁器メーカー「ジョルナイ(Zsolnay)」のタイルとのことだ。左にクロアチア、スラヴォニア、ダルマチア王国の紋章、そして右にザグレブの紋章がデザインされている。

IMG_1616

鮮やかな青空の下、一層美しく目に映った。


坂を降りて、また市場の方へ。途中大きなイースターエッグに遭遇した。

IMG_1619

クロアチアの地方の風景が描かれているものだと思われる。


そして、もう1つ訪れたかった「ザグレブ大聖堂(Zagrebačka katedrala)」 に到着。

IMG_1594

約2年前に訪れた際はまだ塔の部分の全体が改修中だったので、やっとそれらしい姿を見れた気がした。まだまだ改修中だったけど。

IMG_1625

巨大な内部もとても豪華で、洗練されたステンドグラスがキラキラを輝いていた。


教会の建物の隣には先ほど見かけたのと同じようなイースターエッグが飾られていた。

IMG_1622

IMG_1623

説明書きによると、表面に描かれているのは「クロアチア・ナイーヴアート」とのこと。そういえば、最初に見たイースターエッグの後ろがギャラリーだった。イースターに際し、このクロアチア・ナイーヴアートの誕生地でもあるコプリヴニツァ=クリジェヴツィ郡のアーティストたちとザグレブ観光局が、市民と訪問客に向けてのプレゼントして、ディスプレイしたそうだ。


サモボル (Samobor)で食べた2つのクレムシュニタ(Kremšnita)もそろそろ消化しきった(と思われる)ところで、ランチタイム。ネットで気になっていた「ビストロ・フォティッチ(Bistro Fotić)」に入った。

IMG_1646

とても可愛らしいインテリアのお店で、お料理もワインもとっても美味しかった。もちろん、追って「本宮じゅんの欧州美食探訪記」の方でも紹介しようと思う(※時期未定)。


街の中心地にはほかにもイースターのディスプレイがいろんなところにあって、家族連れやカップルたちが楽しそうに写真を撮っているのを見て、こういう時だけひとりで来たのが残念だったなって思ったりした。

IMG_1658

朝着いたばかりだけど、出発の時刻はもうすぐ。バスターミナルまでの道の途中、お土産を調達していくことにした。


続く!

バスはサモボル(Samobor)から首都ザグレブ(Zagreb)に到着。ブログにアップするのをすっかり忘れてしまったのだけど、実は2017年5月にもこの街を訪れている。なので当時の記憶を頼りに、再び訪れたい箇所を順に巡ることにした。


バスターミナルからてくてく歩いて、まずは鉄道駅の方へ。

IMG_1581


その反対側に広がるトミスラヴ広場(trg Tomislava)から観光を始めた。
 
IMG_1580

10世紀頃にクロアチアを統治していたトミスラブ王(Kralj Tomislav)の像、そしてその向こうのアートパビリオンの建物が青空の下に美しく映えていた。


どんどん歩いてイェラチッチ広場(Trg bana Jelačića)に到着。

IMG_1588

鮮やかな青の車体のトラムが行き交い、観光客もあふれていてとても賑やかだった。


階段を上がり、ドラツ市場(Dolac Market)へ。

IMG_1591

新鮮な野菜や果物がうず高く積まれて売られているのを横目に、まだまだ歩く。


ネクタイ発祥の地でもあるクロアチアらしく、大きなネクタイのディスプレイが印象的な「クラヴァタ(KRAVATA)」のお店のある坂をひたすら登り、

IMG_1600

この銅像を目印に左に曲がってさらに坂を登り、

IMG_1603

「石の門(Kamenita vrata)」に到着。

IMG_1608


建物の地上階部分がトンネルになっていて、その中には小さな祭壇がある。

IMG_1609

ロウソクの台や長椅子も設置されていて、まるで小さな教会のような空間だった。

IMG_1610


トンネルを抜けて反対側からの眺めはこんな感じ。

IMG_1611


そして、まだまだ坂道を登る。坂道の先に、今回の旅でどうしても訪れたかった場所があるのだ。

<後編>に続く! 

サモボル城(Stari grad Samobor)をあとにして、街の中心地へ。この時点で8,800歩も歩いていることもあり、さっそく「ウ・プロラズ(U prolazu)」と双璧を成すもうひとつのクレムシュニタ(Kremšnita)の名店である「リヴァディチ(Livadic)」に入った。

IMG_1555

ここで、この度の第一の目的であるクレムシュニタ(Kremšnita)を食べ比べを達成。どちらもそれぞれの特徴があって美味しかった。


この時点で朝の10時前。街にはだんだん人が増えてきて、だんだん賑やかになってきた。歩行者専用の通りには民芸品の露店も出ていて、街の活気を感じた。

IMG_1563 


そのまま、バスターミナルへと急ぐ。

IMG_1564

公園の中を歩くと、ちょうどイースターの時期だったので、小さな子供達とウサギの着ぐるみがエッグハントをして楽しんでいるのが見えた。

IMG_1566


てくてく歩いてバスターミナルに到着。建物の中はこんな感じで待ち合いスペースもあったので、割とくつろげた。

IMG_1569


そして、バスに乗ってザグレブ(Zagreb)へ。

IMG_1571

この時点で総歩数は11,100歩。まだ11時前だというのに、普段の1日分よりも多い。そして、ザグレブでも行きたいところがたくさんなので、このあとまだまだ歩くことになる。


続く!
 

<前編>はこちら


サモボル城(Stari grad Samobor)
は内部はまるで迷路のような構造になっていて、ひとりで歩いていても全くもって飽きなかった。

IMG_1520

洞窟っぽくなっている箇所も数箇所あり、おそらく何かの部屋として使われていたものだと思われた。

IMG_1524

ちょっと怖かった。


ところで、肝心なのは帰り道である。行きに通った山登りルートのあの急勾配を戻る体力は残っていても、自信の方がほとんど残っていなかった。そういえば、到着した際に犬の散歩をしている人々を見かけたのを思い出し、古城の向こうの道を行くことにした。ここからの道はGoogleマップには載っていない。が、それと連携しているはずのポケモンGOの方には掲載されていて、先の方まで見ることはできなかったのだけど、方向的には中心地に戻れそうだった。ここで突然分岐点が訪れ、選択を迫られる。上の少し幅広めの道か、下の少し狭めの道か。

IMG_1526

ほぼ直感で、下の道を行くことにした。そうすれば少しでも麓の方を見ることができるかと思ったのだ。実際正解だった。すぐに麓の川沿いの道が見えた。いざとなったら斜面をそのまま降りればいい・・・というわけにはいかないだろうけれど、行きよりもずっとなだらかな道をゆっくりと、ゆっくりと下り、途中犬の散歩中の人とすれ違ったりして、15分ほどで下に続く道へと繋がった。

IMG_1528


というわけで、もしこのサモボル城(Stari grad Samobor)を訪れたい方がいらっしゃったら、この川沿いの道のこのベンチの手前の階段を登り、右へとなだらかな斜面を登って行くことをオススメする。

IMG_1531

ポケストップもあるので、ポケモンGOをプレイしている方はそれを目印に、プレイしていない方はGoogleマップでこちらのスポットを検索して行くと便利。

IMG_1532

じゃあ、そもそもここまでどうやってたどり着けばいいのか?というご質問にはこの記事の最後でお答えするとして、そのまま中心地へと向かう。


振り返ると、向こうにうっすらと先ほどいた古城。

IMG_1533

逆に古城へと向かう方は、この景色が見えればもう少しで先ほどの階段だ。


ところで、しばらく歩いていると不思議な佇まいのを見つけた。

IMG_1538

小さな洞窟の中に、マリア像が置かれた祭壇がある。

IMG_1535

ポケストップにはただ"Holy Cave"とあり、Googleマップには"Špilja Gospe Lurdske"。さらに調べようとしていたら、ちょうどやってきた夫婦が英語で「ルルド!」と教えてくれた。どうやら南フランスのルルド(Lourdes)に聖母マリアが出現したという、いわゆる「ルルドの奇跡」にちなんで設置された祭壇のようだった。

IMG_1536

少し前にボスニア・ヘルツェゴヴィナで訪れたメジュゴリエ(Međugorje)を思い出した。


そのままさらに進むと、サモボル博物館(Samoborski muzej)の建物に到着。


IMG_1541


そして、ほどなく行きに見かけた古い橋にたどり着いた。

IMG_1542

というわけで、サモボル城(Stari grad Samobor)への行き方としては、この橋(※写真は逆方向)を渡って川の向こうに行き、そのまま右へと進み、サモボル博物館(Samoborski muzej)ルルドの洞窟を左手に見ながらそのまま道なりに進み、例のベンチの手前の階段を登るルートをオススメする。もちろん体力に自信があるならば、私が選択した山登りルートも悪くないだろう。


この時点での歩数はなんと約8,800歩。もう1店の名店でクレムシュニタ(Kremšnita)を食べるという口実が、充分すぎるほどにできた。


続く! 

↑このページのトップヘ