ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ:ハンガリー > ケチケメート

一旦ブダペストに戻った後、また旅行を再開。南方へと向かう途中、ケチケメート(Kecskemét)に立ち寄った。


いつもの市場 のいつもの 朝食屋さんで、がっつりエネルギーチャージ。

IMG_9459


天気が良かったので、街歩きも楽しかった。


向かって左が旧シナゴーグの建物で、今は「科学技術館(Tudomány És Technika Ház)」として、会議室やイベントホールとして使われている。
そして、右が「チフラパロタ(Cifrapalota)」という愛称で親しまれている博物館。


写真を撮っていたら、隣を歩いていた初老の男性に、「綺麗な建物でしょう? あれは博物館なんですよ」と声を掛けられた。もちろん何度も訪れているから知っていたのだけど、こうして見知らぬ外国人にさりげなく教えてくれる優しさが嬉しかった。


市庁舎の建物も美しい。



その反対側には、カトリック教会がある。



いつものカフェで知人と久しぶりに会っていたのだけど、帰りがけに別の知人にバッタリ会えたりした。そんな嬉しい偶然に心が温まりながら、次の目的地へと急いだ。

まだ7月だけど、ハンガリーは既に夏真っ盛り。カフェに入る時は、温かいコーヒーよりも、冷たいレモネードを注文するようになってきた。


もうすっかり常連化しているケチケメート(Kecskemét)Nagyanyáink Sütödéje」でもピンクグレープフルーツなどたっぷりのフレッシュフルーツが入っているのを注文。





レモネードって、てっきりレモンだけが入っているものだと思い込んでいたのだけど、一緒に入れるフルーツを選べて味の違いを楽しめるのが嬉しい。ついついストローで果肉を潰しながら、できるだけ多くの果汁を絞り出してみたりする。フルーツ本来の自然な美味しさを満喫し、ビタミン類など美容に良さそうな栄養分をしっかりと体に補給。


まだまだ夏は終わらない。

 

ケチケメートの市場で見つけて買ってきた。この大きさでなんと200HUF(約80円)。まるで花束を抱えているかのような格好で運んできた。確実に私の頭よりも大きい。


ちなみにその前はちゃっかり朝食屋さんで腹ごしらえ。やっと注文の仕方がわかってきたので、レバーの煮込みを食べた。



最近は野菜もお肉もスーパーでいっぺんに買うことが多くなっているのだけど、やはり市場のものの方がイキイキしているような気がする。
ブダペストでも早起きして出かけてみなきゃね。

ケチケメートのカフェ、「Nagyanyáink Sütödéje」で朝食会。もう何度も訪れているのに、奥の方にとっても素敵な部屋があることに初めて気づいた。


貸し切りでのお誕生日パーティーにもぴったりな、可愛らしいインテリア。


あれ? もしかして、奥の方にあるのは?


去年の秋以来お店の前からいなくなっていた、あのかわいいキャラクターがちょこんと座っていた。ここにいたのね。春になっても見かけなかったので、もう会えないのかと思い込んでいただけに、とても嬉しかった。



ハムとチーズのホットサンドで朝ごはん。見た目以上にボリュームたっぷりだった。

朝の8時にケチケメート(Kecskemét)の市場に到着。
さっそく在住の方に教えてもらった朝食屋さんに立ち寄った。





何を注文しようか迷った結果、手軽にサンドイッチを食べることにした。
揚げたてのシュニッツェルを挟んだボリュームたっぷりのサンドイッチで、しっかりエネルギーもチャージ。ホットティーはなんとサービスでもらえた。


朝の市場にはいつでも活力に溢れていて、新しい1日を始める場所としてとても理想的だと実感している。

↑このページのトップヘ