ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: スロヴァキア

vol.4はこちら


「ブラチスラヴァ城(Bratislavský hrad)」をあとにして、再びブラチスラヴァ(Bratislava)を歩く。ペストの終焉を記念したという「三位一体像(Morový stĺp)」から東にかけて広がるフヴィエズドスラヴォヴォ広場(Hviezdoslavovo námestie)は、歩行者専用のちょっとした公園になっていた。

IMG_1932


広場の反対側にあるのが、「スロヴァキア国立劇場(Slovenské národné divadlo)」の建物。

IMG_1933

堂々とした佇まいだ。


そのまま旧市街に戻る途中、前回訪問時にすっかり見落としていたこちらのおじさんに出会えた。

FullSizeRender

IMG_1936

マンホールの中から半身を乗り出している。人だかりもできていたので、最初大道芸人のパフォーマンスかと思ったのだが、近付いたところ正真正銘の銅像だった。彼の本名はわからないけれど、近くにあった道路標識には"MAN AT WORK"とあった。休憩中ではなく、仕事中だったのか。

IMG_1938

それにしても文字が見えなくなるほどステッカーが貼られていて、とても残念な気持ちになった。


そのまま歩いていたら、前に友人から教えてもらったラーメン屋さん「らーめん和」を発見。

IMG_1942

なんでも札幌で12年研鑽を積んだシェフが手がけているとのことで、前に訪れた友人から全力でオススメされていた。ランチに食べたハルシュキがまだちょっとだけお腹に残っていたので、もう少しぐるっとあたりを歩いてから、入るかどうかを考えることにした。


途中道の真ん中に珍しいモニュメントを見かけながら、

IMG_1946

どこかから聴こえてくる生演奏に誘われるように歩くと、再び「スロヴァキア国立劇場(Slovenské národné divadlo)」に着いた。

IMG_1951

それは17時の時報とともに始まったミニコンサートだった。バルコニーの上で優雅に演奏している楽団が見えた。先ほどのどんより曇り空がウソだったかのように、少しずつ晴れ間も見えてきた。

IMG_1959


出発の時間も少しずつ近づいてきたので、思い切って「らーめん和」に入店し、「特製醤油ラーメン」を注文。

IMG_2002

麺もスープも最高に美味しかった。こんなに本格的で美味しいラーメンを食べたのは久しぶりだった。ブダペストからわざわざこのために日帰りしてもいいと思ったほどだった。こちらも近々「本宮じゅんの欧州美食探訪記」の方で紹介しようと思う(※相変わらずながら時期未定)。


お腹がいっぱいになったところで先を急いだ。途中、「スロヴァキア国立博物館(SNM-Prírodovedné múzeum)」の建物のそばを通り、

IMG_1973


前回訪問時に車を停めたショッピングセンター「EUROVEA」へ。

IMG_1977

この中のスーパーでお土産をいろいろと買い込んだ。


そして、いよいよバスターミナルに到着。スーパーで自分用に買っておいたアップルサイダードリンクでリフレッシュした。

FullSizeRender

この「ストロングボウ(STRONGBOW)」というドリンク初めて飲んだのだけど、すっきりとしていてとても気に入った。


バスの車窓から「ブラチスラヴァ城(Bratislavský hrad)」にも別れを告げて、

IMG_1986

あっという間にブダペストに到着。近くのスタジアムでサッカーの試合があったようで、なかなかの荒れ具合だった。

IMG_1990

地上に出たら、信じられないほどのものすごい大雨。折り畳み傘を持っていたとはいえ、横殴りの雨にズブ濡れになってしまった。ブラチスラヴァにいる間にこんな大雨に見舞われないで、本当によかった。


それでもいつか近いうちに、今度こそ青空のブラチスラヴァを訪れてみたい。 

vol.3はこちら


スロヴァキアの首都ブラチスラヴァ(Bratislava)。今回の日帰り旅行で「青の教会(Kostol svätej Alžbety)」 ともうひとつ訪れたかった場所が、街のシンボル的存在でもある「ブラチスラヴァ城(Bratislavský hrad)」だった。

IMG_1913

こうして近くで見ると、その堂々とした佇まいに圧倒されてしまう。

FullSizeRender

内部は博物館になっているとのことだが、残り時間と体力を考慮して入るのを断念し、次回に来た時の楽しみに取っておくことにした。


そのままお城の外側を歩く。モラヴィア王国時代の大聖堂の遺跡や、

IMG_1917

美しいバロック式庭園が広がっていて、それだけで充分に見応えがあった。

FullSizeRender

IMG_1919

それにしても広かった。

FullSizeRender


敷地内で気になったのが、こちらの女性の銅像。

IMG_1925

彼女は13世紀前半のハンガリー王アンドラーシュ2世の娘、エルジェーベト(Erzsébet)王女で、幼少時代をこの城で過ごしたという。のちにテューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世の妻となり、夫の死後は貧しい人々や病気の人々の救済のために尽くした。その功績により、彼女の死の4年後に列聖され、「聖エルジェーベト(聖エリザベト)」として知られている。
銅像のそばの記念碑には、英語・ハンガリー語・ドイツ語の3ヶ国語で説明が書かれていた。


城をあとにして、丘を下る。途中、聖マルティン大聖堂(Dóm sv. Martina)の緑の特徴的な尖塔が見えた。

FullSizeRender

さらに丘を下り、その姿を間近で見上げた。

IMG_1929

天気はあと少しで晴れ間が見えそうなほど回復して来たけど、それでも青空の下だったらもっと綺麗だっただろう。大聖堂の近くはちょっとしたアートスペースになっていて、どことなく自然に景色に溶け込んで見えるのが印象的だった。

IMG_1928

vol.2はこちら


ブダペストからバスでスロヴァキアの首都ブラチスラヴァ(Bratislava)へ。初めてこの街を訪れた日の足跡をたどりながら旧市街を歩いているうちに、「ミハエル門(Michalská brána)」が見えてきた。

FullSizeRender

そしてこのあたりから観光客がぐっと増えた。


門がある建物の塔は高さ51m。そのてっぺんには、ドラゴンをやっつけている大天使ミカエルの像がある。 地上階はこのように通り抜けられる、そのまま「門」の形態となっている。

FullSizeRender

塔の展望台からは街全体を見渡せる、らしいのだが、残りの体力を考慮して断念して、そのまま丘の上へと進んだ。
その先の「トリニティ教会(Kostol svätého Jána z Mathy)」を横目にしながら、ひたすら歩いた。
IMG_1901


まもなく陸橋に差し掛かり、はるか向こうにドナウ川の対岸の景色も見えた。

IMG_1906


そこから途中何度も心が折れそうになるほどの急な坂道を登り、まもなく今回の訪問の目的のひとつであった「ブラチスラヴァ城(Bratislavský hrad)」が見えてきた。

IMG_1907

4つの塔が特徴的なその姿は、近くで見るとさらにインパクトがあった。

FullSizeRender


眼下にはドナウ川の景色が広がる。ブダペストには左へと進むと行き着くのだが、やはり外国からだとなんとなく遠く思えた。

IMG_1911


ちなみにお城の写真を撮ったのは、その隣にあるスロヴァキア国民議会(Národná rada SR)の敷地より。

IMG_1912


階段を登ってこの建物の前からだと、先ほどの写真のようにブラチスラヴァ城がとても美しく見えるのでオススメ。いっぱい歩いてかなり体力が消耗していたのだが、そこまでして来て良かったと思えるほどに、素晴らしい眺めだった。


vol.4に続く! 

vol.1はこちら


ブダペストからバスでスロヴァキアの首都ブラチスラヴァ(Bratislava)へ。ランチを終えて、「ドナウ川通り」という名のドゥナイスカ通り(Dunajská)を歩くと、少しの距離だけで壁画を4つも発見した。

IMG_1850

IMG_1866

IMG_1867

IMG_1869

画風からそれぞれの作者は違うと思われる。なかなかアートな空間だった。


ほどなくして、カメンネー広場(Kamenné námestie)に到着。なかなかユニークな建物が目に入った。 

IMG_1870


その反対側に、駅舎のような大きな建物が。人々が足繁く出入りしているのが見える。

FullSizeRender

けれども鉄道駅はもっと北の方にあった記憶があるので、なんだろう?と思って近付いてみたところ、「古い市場(Stará tržnica)」の建物だった。

IMG_1873

日本語に直訳するとちょっと違和感があるけれど、要は「オールド・マーケット」。ポスターによると、毎週土曜日恒例のマーケットが開催されていたようだ。

FullSizeRender

スロヴァキア語、ハンガリー語、ドイツ語の3ヶ国語表記になっているのがちょっと興味深い。


中に入ると、食料品や日用品・雑貨のブースのほかにフードコートのようなものも設置されていた。

FullSizeRender

建物中が人々の笑顔にあふれていた。私ももしブラチスラヴァに住んでいたら、毎週のように通ってしまうことだろう。そんな妄想をしながら、建物の向こうへと通り抜けた。


vol.3に続く!

先日のクロアチア弾丸旅行があまりにも楽しかったので、週末もまたフリックスバス(FLiXBUS)でどこかに行ってみようとアプリを開いていろいろと検索。ただ予定上日帰りしかできなかったので、今回はスロヴァキアの首都ブラチスラヴァ(Bratislava)に行くことにした。前にちゃんと観光したのは2016年の12月。雪が積もっていて街は真っ白だったし(それでも綺麗だったけど)、ブラチスラヴァ城も全然よく見えなかった記憶がある。さすがに5月になれば少しは暖かくなって観光も楽しくなるだろう、とタカをくくっていた私は甘かった。天気予報によると当日は大雨となっていることに、バスのチケットを購入した後になって気付いた。でも、それでも行くのだ。


早朝に家を出て、午前8時20分にブダペスト9区ネープリゲト(Népliget)のバスターミナルより出発。2階建てのバスは初めてで、ちょっと高い位置から車窓から外を眺めた。せっかく綺麗な黄色の菜の花畑なのに、どんよりとした空のせいでとても残念な感じになってしまっている。

FullSizeRender


途中ジェール(Győr)に停車。ここでちょっとビックリしたのだけど、「ネクストストップ、ラーブ」という車内アナウンスがあった。「ラーブ」というのはドイツ語(Raab)およびスロヴァキア語(Ráb)だけの呼称かと思っていたのだけど、どうやら英語でもそういうらしい。なんだか不思議だ。


バスは午前11時にブラチスラヴァのバスターミナルに到着。 

IMG_1825

近隣がものすごい建設ラッシュだった。ブダペストでもここまで高層の建物は全然見かけないので、まるで違う世界に迷い込んでしまったようだった。


それでも街の中心地へと向かうと、中央ヨーロッパらしい街並み(※あくまで個人の見解)が広がっていた。さっそくブラチスラヴァで訪れたかった場所のひとつ、「青の教会(Kostol svätej Alžbety)」 へ。どういうわけか、前回は訪れていなかったのだ。

IMG_1837

曇り空の下だというのに、その姿はどの方向から見ても美しかった。

IMG_1839

ついつい、ため息が出てしまうほどだった。

IMG_1840


教会の前には、"NENARODENÝM"と記されたモニュメントがあった。
 
IMG_1832

「生まれなかった子供たち」に捧げたものらしい。


教会を後にして、旧市街をてくてくと歩く。すぐに、ユニークな建物に行き着いた。

IMG_1845

外壁に大きな耳があり、それを右手で指差しながら左手で左耳をおさえている男性の像があった。

IMG_1847

彼の名は、20世紀後半にチェコおよびスロヴァキアで活躍した俳優・コメディアン、ユーリウス・サティンスキー(Július Satinský)とのこと。演劇やドラマの1シーンなのかもしれない。


事前に調べてランチタイムのお店に予定していたレストラン、「ブラチスラヴスキー・メシュチャンスキ・ピヴォヴァル(Bratislavský meštiansky pivovar)」はその隣にあった。

IMG_1852

このビール醸造所直営のレストランは、なんと1752年創業。260年以上この地で親しまれている老舗だ。
 
IMG_1863

ランチの様子はそのうち「本宮じゅんの欧州美食探訪記」の方でも紹介しようと思う(※相変わらずながら時期未定)のだけど、とにかく名物のハルシュキ(halušky)が美味しくて、そしてそして、オリジナルのビールがもう絶品すぎた。本当に500mlじゃ足りないくらいだったのだけど、まだまだ市内観光は始まったばかりなので、1杯で断念。スタッフもとても親切で、とても心地よいひと時を過ごせた。


vol.2に続く!

↑このページのトップヘ