ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: スロヴァキア

1989年11月17日、チェコスロバキア社会主義共和国時代に民主化を求めて学生たちが立ち上がった、「ビロード革命」と呼ばれるその革命から30周年を記念したカクテルパーティーに出席すべく、駐日スロヴァキア大使館へ。

FullSizeRender

FullSizeRender
 
会場では、スロヴァキア産ワインをはじめ、たくさんの名物料理がお出迎え。

IMG_5265

ポテトサラダはクリスマスシーズンに食べる料理だと聞いた。

IMG_5266

軽食とデザートにはひと口サイズのお菓子も。

IMG_5248

スロヴァキアの文化と歴史に触れる、とても素敵なひと時だった。

日本から来てくれた友人を連れて、ブダペストより北西に約40km、スロヴァキアとの国境付近の街エステルゴム(Esztergom)へ。私自身は6月にも訪れたばかりだったのだけど、徒歩で外国に行けるという島国に住んでいるとなかなか貴重な体験を、ぜひ友人にも楽しんでもらいたかったのだ。


まずは丘の上にそびえる、ハンガリー・カトリック教会の総本山である大聖堂へ。

IMG_3901


そして今回も、大聖堂の裏手からドナウ川にかかるマーリア・ヴァレーリア橋(Mária Valéria híd)と、その対岸スロヴァキアのシュトゥーロヴォ(Štúrovo)の街並みの景色を眺めてから、

IMG_3902


橋の上を歩いているうちに、スロヴァキアの国内に到達。

IMG_3906


ちなみに↑の写真の反対側からの眺めがこちら。

IMG_3908

ここからも、向こうに大聖堂がくっきり見える。


さらに歩いて、ドナウ川対岸にあるスロヴァキアのシュトゥーロヴォ(Štúrovo)へ。

IMG_3909

今更ながら、ハンガリー語では「パールカーニ(Párkány)」という名前であることに気づいた。それぞれの地名の語源がかなり気になったりした。


マーリア・ヴァレーリア橋(Mária Valéria híd)を渡りきったところで改めて大聖堂を撮影。

IMG_3910

ドナウ川の向こうに望んでも、やはり迫力がある。


せっかくなので、スーパー「BILLA」で、スロヴァキアのビールをひと通りお土産に買ってきた。

IMG_3917

何度訪れても、スロヴァキアなのにみんなハンガリー語を話しているという状況がとっても興味深い。

ハンガリー北部郊のエステルゴム(Esztergom)に行った時、ドナウ川の対岸のスロヴァキアの街シュトゥーロヴォ(Štúrovo)のスーパーで見つけて買ってきたチーズ。

IMG_2700

右下に「伝統的なスロヴァキアのスペシャリティ」と記載されているし、右上の方にスロヴァキア国旗をイメージしたロゴがあるのだけど、このパッケージデザインがどうしてもハンガリーの国旗をイメージしてしまうのは、私だけではないはず。


ちなみにスーパーの中で見る文字はほとんどすべてスロヴァキア語だったのだけど、店員さんからは普通にハンガリー語で話しかけられた。それもとっても不思議だった。

ハンガリー国内に留学中の日本人の友人がブダペストに遊びに来てくれたので、ちょっと足を伸ばして近郊のエステルゴム(Esztergom)へ。そんなに久しぶりでないと思い込んでいたら、約1年ぶりの訪問だった。


ハンガリー・カトリック教会の総本山でもある大聖堂に始まり、

IMG_2672


ローマ教皇より戴冠される初代国王イシュトヴァーン1世の像
 
IMG_2674


そして、ドナウ川にかかるマーリア・ヴァレーリア橋(Mária Valéria híd)と、その対岸スロヴァキアのシュトゥーロヴォ(Štúrovo)の街並みの景色を眺めてから、

IMG_2675


橋を渡って上陸し、スーパー「BILLA」で、今回も「コフォラ(Kofola)」を購入。

FullSizeRender

なんだかここまでが私の中でもはや定番ルートと化している。


スーパーの中で目に見える文字はスロヴァキア語だけなのに、店内ではスタッフもお客さんもほとんどがハンガリー語を話しているのは、とても不思議な感覚だった。
約100年前までは同じハンガリーだったわけだし、まだハンガリー系の住民も多いのだろう。 

自分のではなくて、友人のスロヴァキア土産でいただいたハチミツのお酒「メドヴィナ(medvina)」を開栓。

IMG_2228

ひと口味わうとハチミツの風味が口いっぱいに広がった。


ブラチスラヴァ城ミハエル門がデザインされているボトルがとってもかわいいので、飲み終わったあとも記念にとっておくことにした。
素敵なお土産、ありがとう!

↑このページのトップヘ