ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: 【グルメ】

ジャンベーク(Zsámbék)を後にして南に進み、ブダペスト近郊でも名高いワイン郷エチェク(Etyek)に到着。事前にネットで調べていたワイナリー「ドゥヴォラーク・ヴェンデーグウドヴァール」(Dvorák Vendégudvár)を目指した。そして、これはジャンベーク(Zsámbék)に着いた時からだったのだけど、スノーブーツを履いて来なかったことを激しく後悔した。ブダペストからほんの30kmほど離れているだけなのに、起伏の多い地形のこのあたりにはまだまだ雪国の趣だった。


坂を登って左折してすぐのところで発見。建物の中が賑わっている様子が外にまで伝わってきた。

FullSizeRender


それにしても建物の中はかなり盛り上がっている様子だったので、空席があるのかを外にいるスタッフに質問したところ、店主とおぼしき男性が登場。そこで、豚の解体(disznóvágás)の予約している団体客がいるため、彼らが注文した豚肉のスープ豚肉のローストしか提供できないと申し訳なさそうに伝えられた。だけど新鮮な豚肉料理を食べられる機会なんてそうそうないから、私たちとしてはむしろラッキーだったのだ。そのまま中に入って、大盛況のグループの隣のテーブルへ。この後の運転は友人に託すことにして、さっそく自家製の白ワインを注文した。

IMG_9505


まもなくしてどどーんと豚肉のスープがやってきた。2人分のはずなのにこのボリューム。これだけでおそらく4人分くらいあったし、しかも「おかわり自由」とのことだった。骨ごとの豚肉と、ニンジンやタマネギ、キャベツなど野菜もたっぷり入っていた。

IMG_9504

FullSizeRender

ひと口そのスープを口にした瞬間に寒さが吹き飛んだだけでなく、世界が変わった。野菜と豚肉の全ての素材そのままの旨味が、文字通りにぎゅっと詰まっているのを舌先だけで充分に感じられた。そして飲み込むたびにその美味しさが喉から胃にかけて伝わっていくのが、なんともいえない快感だった。こんなに美味しいスープを食べたのは初めての経験だったと確信している。


スープを食べながら、隣の団体客から話しかけられたりもした。どうやら結婚を間近にした男性のお誕生日パーティーとのこと。小さな店内のうち20人ほどはそのお祝いに集まった団体客だが、私たちの反対側のテーブルもたまたま訪れていた客らしい。彼らも含めて、店内全体がお祝いモードになっていて、寒さも吹き飛ぶ熱気に包まれていた。そして、メインの豚肉のローストも到着。

IMG_9506

付け合わせは摂取カロリーを考慮して紫キャベツに選んだのだけど、ポテトも選べた。豚肉はリンゴと生姜とニンニクで味つけられていて、肉質も柔らかかったこともあり、極上の味わいだった。おそらく解体直後で新鮮だったからこそ味わえたのだろう。一口ひと口じっくり堪能した。


そんな間も団体客のパーティーは盛り上がり、なんと私にまでパーリンカ(pálinka)が振る舞われた。

IMG_9507

どうやら団体客のうちの誰かの自家製のものだったらしい。それにしてもこういうハンガリーでの生活ならではのハプニング、久しぶりに体験できてとても嬉しかった。


そろそろ会計を済ませて店を出ようとしたところ、スタッフから自家製サラミと、

FullSizeRender

自家製の生ハムの差し入れがあった。

IMG_9495

あまりに美味しすぎてどんどん白ワインも進み、当初私の分グラス1杯の予定が、1人でデカンタ半分くらいを空けてしまった。しかも残りの白ワインも持ち帰らせていただけることなったうえに、会計は1人約4,000フォリント。これはもっと暖かい季節にまた気合を入れて再訪するという正当な理由となった。


今回は団体客の予約があったために特別メニューとなったのだが、そうでない日のメニューもバリエーション豊かの様子。自分の誕生日パーティーの際も貸切したいと思ったくらいだ。まあ、それはなかなか難しいと思われるので、せめて少人数でだけでも再訪して、また美味しいワインと料理をとことん堪能してみたい。そう願っている。

Twitterで知り合った中欧旅行中の友人とともに、ブダペストのフォアグラの名店「コム・シェ・ソワ(Comme Chez Soi)」に行ってきた。



だいぶ前から予約していたとはいえ、小さな店内は相変わらず大混雑。そして各テーブルでは相変わらず、ゴージャスな料理が届くたびに歓声が上がる。


ほどなくして楽しみにしていたフォアグラのグリルが到着した。フライパンごとまるまるやってきて、6,900フォリント (約2,800円)だ。

IMG_7923


リンゴのグリルとマッシュポテトを添えて。濃厚なフォアグラに甘いリンゴ、そしてそれを受け止めるかのようなマッシュポテトとが絶妙なハーモニーを奏でる。

IMG_7922


せっかくなので、フォアグラに合わせて甘口のトカイワインをグラスで。

IMG_7921


なんだかんだでこのお店には約半年ぶりの訪問。その濃厚な旨みを、舌にしっかりと記憶させた。旅行や出張などでブダペストを訪れる方に、全力でオススメしたいお店である。



【本宮じゅんの欧州美食探訪記】ブダペストで絶品フォアグラ「コム・シェ・ソワ」(Comme Chez Soi)

ブダ側のセーナ広場(Széna tér)セールカールマーン広場(Széll Kálmán tér)の近くに、フィッシュ&チップスが美味しいお店があるという情報を、少し前に友人から教えてもらっていた。

スペイン旅行で海の幸をとことん堪能してきたばかりだったのに、既に魚料理が恋しくなってしまい、我慢できなくなってきたところでいよいよ訪問。

「アニメ映画になったカクレクマノミと同じ名前だよ」って言われていて、そういう名前のお店を探していたところ、それらしきものを発見した。その名も「ネモ(NEMO)」。1文字惜しかった。

IMG_2251

入口のドアを開けて、階段で半地下へ。メニューを手渡されたが、迷わずはフィッシュ&チップス一択。ミニサイズもあったのだけど、それだと確実に足りないと思われるので、ノーマルサイズを注文した。


IMG_2255

でもちゃっかりビールも注文した。クラフトビールだったのかな。酸味のある独特の味わいだった。


で、お待ちかねの「Fish & Chips」が登場。

IMG_2252

FullSizeRender

揚げたてサクサクで、中身もぎっしり。ケチャップマヨネーズと、ハラペーニョマヨネーズの2種類のマヨネーズが付いてきた。アツアツのところをしっかり味わいながらいただいた。口福と至福のひととき。やはり、ノーマルサイズにしてよかった。


名物のフィッシュ&チップス以外にも、魚料理が充実していて、バーガー類もボリュームあってとても美味しそうだった。また、ベジタリアンメニューグルテンフリーラクトースフリーのメニューもあり、デリバリーサービスも対応しているとのこと。
今度は何人かで訪れて、いろんなメニューを試してみたいな。


「Nemo Fish & Chips & Salad Bar Étterem」
所:1024 Budapest, Lövőház utca 16. Hungary
TEL:+36-30-476-5786

すっかりスペイン旅行記が続いてしまっていたが、実生活ではとっくにブダペストに戻っていて、元のままの通常運転だ。
週末は友人と待ち合わせて、前から気になっていた13区のベトナム料理レストラン「オリエンタル・スープ・ハウス(Oriental Soup House)」を初訪問した。


このお店は最近お気に入りのカフェ「BALZAC CAFÉ」の斜め向かいにあって、お昼時はいつも混雑している。この日も12時開店少し前に着いたところ、既に長蛇の列ができていた。そういえば、前に行ったブダ側の「Hai Nam」もかなりの人気店だった。ベトナム料理がこんなにもハンガリーの人々に愛されていることを、改めて実感した。


友人と合流し、まずは「マンダリン・ロール(MANDARIN TEKERCS)」を注文。

IMG_2194

生春巻きだと思い込んでいたら、ライスシートを挽き肉を巻いたものだった。上にはフライドオニオンがどっさり。チリソースをかけたり醤油をかけたりしながらいただいた。


もうひとつ、「ビーフ・ルンダン(BEEF RENDANG)」

IMG_2195

こちらは、牛肉をココナッツミルクとスパイスで煮込んだ料理で、インドネシアの料理らしい。ココナッツの風味との組み合わせ新鮮だった。たっぷりのサラダと一緒にジャスミンライスの上に乗せ、丼ご飯のようにしていただいた。
ちなみに上記2つのメニューは本来は「メインメニュー」のカテゴリに入っていて、通常はハンガリー人の習慣に合わせて「スープ」カテゴリにあるフォーやミエンが先に提供されるらしい。なんとなく自分の習慣だと、ヌードル系は食事の最後の方がしっくりくるので、注文時にウエイターにお願いして順番を変えてもらった。


そして、いよいよフォーの出番。いろいろ迷った結果、お店の名前が付いた「ORIENTAL PHO」を注文していた。大サイズもあるけど、こちらは小サイズ。ほかの料理を食べた後なので、これくらいでちょうど良い。野菜も豪快にかなり乗っている。

IMG_2199

付け合わせのガーリックスライスと、パクチーとチリとライムをトッピングしていただいた。

FullSizeRender

メニュー名には「フォー(Pho)」とあったが、実際麺は細めの玉子麺で、あとで調べたところベトナム麺の「ミー(Mì)」の方が近い感じだった。
チキンベースのスープにパクチーやレモングラスの風味が加わっていて、あっさりと食べられた。


IMG_2196

お店を出る際に上のロフトに気付いたのだが、そちらにも座席があった。それにも関わらず常に満席状態で、店内にも待つ人の列ができるほど。
でも人気の理由がわかる気がした。だって近々また来店して、全メニュー制覇してみたいもの。



住所:1136 Budapest Balzac utca 35.
TEL:+36-70-617-3535

タタ(Tata)で湖畔を散策した後は、再びGoogle Mapでレストランを検索して見つけた「ピカント・エーテレム(Pikant Étterem)」に入った。1月1日だったので、こちらも閉まっているんじゃないかって不安になりかけていたけれど、次々と駐車場に入っていく車と「EGÉSZ ÉVBEN NYITVA(※年中無休)」の看板を見て、とても救われた気分になった。

2018-01-01-22-58-51


さすがに地上階は満席。だったので、2階に案内された。

2018-01-01-22-27-23


タタバーニャ(Tatabánya)で見かけた老婦人たちのことを思い出し、私もスパークリングワインで乾杯。

2018-01-01-21-47-44


ハンガリーではお正月にレンズ豆のスープを食べるというのだけど、メニューで気になった「タラゴンのラグースープ(Tárkonyos raguleves)」を注文した。

2018-01-01-21-54-03

タラゴンの風味とレモンの酸味が調和していて、食べ応えのある一品だった。


メインは「燻製した豚足のボイル、西洋ワサビとマスタード添え(fött füstölt csülök tormával és mustárral)」

2018-01-01-22-11-20

付け合わせは西洋ワサビとマスタードだけかと思っていたら、トマト、パプリカ、キュウリ、タマネギと生野菜も添えられていた。お肉もだけど、野菜をたっぷり食べられた感じ。
ちなみにこちらは1人用で2人用もある。1人用でもこれだけのボリュームだったので、さすがに手伝ってもらった。


食事を終えて外に出て、湖に出てみた。向こう側に先ほどいたタタ城(Tata vár)のあたりが見えた。

2018-01-01-22-56-22

ほとんどが閉店中だったけど、他にも飲食店が並んでいた。夏ともなればレジャーに訪れる人々も多くなるのだろう。
その時期にもまた訪れてみたくなった。



「Pikant Étterem」
所:2890 Tata, Épitők parkja 1. Hungary
TEL:+36-34-480-480

↑このページのトップヘ