ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: 日本

9月4日は「くじらの日」ということで、

FullSizeRender

豊洲市場に上場されたばかりのニタリ鯨などをいただくバーベキューイベントに参加してきた。

会場では、鯨肉のさまざまな部位が豪快にグリルされていた。

FullSizeRender

柔らかい部位もあったけど、硬い部位はじっくり煮込んでシチュー、カレーなどにするとより美味しそうだと思った。

FullSizeRender

ちなみに、↑この部位はどの部位だったのかは忘れてしまった。

なんと新鮮な尾の身のお刺身までいただけた。

IMG_4385


鯨食については、とかく物議を醸し出しがちなのだけど、ここでは「くじらを食べて海のSDGsに貢献しよう!」ということで。

FullSizeRender


ところで、お声がけしてくれた知人からは、「着替えを持って行った方がいい」とアドバイスをもらっていたのだが、会場にいるとニオイが気にならなくなってしまい、結局着替えなかった。
帰りの電車の中でバーベキュー帰りだってバレていただろうな。

毎日暑くてついつい自炊が億劫になっていたけれど、この日は冷凍庫にある食材でペスカトーレを作成。

IMG_4325

レシピは前と同じ↓。



ホールトマトの缶詰と、冷凍のシーフードミックスやアサリ、ニンニク、白ワインなどがあれば意外に簡単にできてしまう。
料理に使った残りの白ワインは飲んでしまえば良いわけで。
で、今回は生パスタではなく、普通のパスタとオーマイの糖質50%オフパスタを半々で使用した。

オーマイプラス 糖質50%オフパスタ(240g*2袋セット)【オーマイプラス】[ダイエット 糖質オフ 糖質カット 健康]
オーマイプラス 糖質50%オフパスタ(240g*2袋セット)【オーマイプラス】[ダイエット 糖質オフ 糖質カット 健康]

全部このパスタだと味の違いが気になってしまうかもしれないけれど、普通のパスタを半量入れたので、全然気にならなかった。
美味しいのに身体にも良いってサイコーだよね。

仲間たちとの集まりで、この日は西国分寺の「クルミドコーヒー」へ。

もしかしたら、西国分寺駅を降りたのは初めてだったかもしれない。東京に長く住んでいても、まだまだ体験していないことがたくさんある。

店内は、まるで絵本の中のような可愛らしい空間で、こどもの頃に戻ったような気分になった。

FullSizeRender

FullSizeRender

あちこちにディスプレイされているくるみ割り人形たちが、今にも動き出しそう。

ちょっと小腹が空いていたので、アイスコーヒーと「夏野菜とキーマカレーのミニサンド」、それと「レアチーズ」を注文。

FullSizeRender

「レアチーズ」には、ミックスナッツはちみつレモンをたっぷりかけて、食感も堪能した。

FullSizeRender

テーブルの上にはくるみのサービス。キノコ型の器具で殻を割っていただいた。

IMG_4225


こういう非日常の空間って、久しぶりだったかもしれない。

自宅の押し入れにスーパーファミコンなどのゲーム機やゲームカセットが眠っているということには、もう随分前に気付いていた。
箱が結構場所を取っているので、メルカリに出品しようとしたものの、その前に動作確認が必要となるし、そもそも今のテレビに繋がるのかもわからなかったので、もう2年くらいずっとそのまま放置していた。
でも、せめて外側を綺麗に拭き取ってみようと取り出してみたところ、

FullSizeRender

無事に、というか普通にテレビに繋げることができた。

FullSizeRender

さっそくテトリスを開始。
不思議なもので、ボタン操作の仕方は体がしっかり覚えていた。
すっかり童心に返ってゲームに没頭してしまったのだけど、やがて目が疲れてきたので終了。
子供の頃は何時間でもプレイできていたのに、これが年を取ったということなのか。

それにしても最高得点「999999」の記録まで残っていたなんて。
さすがに過去を超えることどころか、近づくことさえも難しいかもしれない。 

ちなみに他のゲーム機器についても、順次動作確認をしていく予定だ。
ゲームがあると、時間がいくらあっても足りないよね。 

実家で赤紫蘇が大量に採れたのを持ち帰った。
きっかり300gあったので、こちらのレシピを参考に赤紫蘇シロップを作ることにした。



まずは赤紫蘇をよく水で洗う。

IMG_3960

そしてホーロー鍋の中で煮出す。

IMG_3961

水で煮出すと葉の色素がこんなにも簡単に落ちるなんて、初めて知った。残った葉の色は青紫蘇の色とほとんど変わらない。

最後に氷砂糖リンゴ酢を入れて完成。リンゴ酢を入れると赤い色が一層鮮やかになった。

IMG_3962

粗熱が取れたらボトルに移し替えて冷蔵庫へ。
少し甘めに仕上げたので、炭酸水で割って飲むと甘みも和らいで美味しそうだ。
これからの暑い夏、爽やかな赤紫蘇の味わいで吹っ飛ばしてやりたい。 

↑このページのトップヘ