ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: 日本

この日の午前中はオンラインミーティングがあって、この日のプレゼンの担当は私だったので、結構前から準備していたのだった。
そしたらよりにもよって真剣に説明しているときに、外を石焼き芋の販売カーが通り掛かり、「いーしやーきいもー、おいもー」のアナウンスをフルコーラスで配信してしまう事態に。気温摂氏30度近くもある6月に、まさかの石焼き芋。参加者全員大爆笑。もうせっかくのプレゼンが全部持っていかれてしまった。以後私に「石焼き芋の女」というあだ名がこっそり付いていたとしても、それはもう仕方がないと思っている。


そんなこんなでやさぐれかけていたのだけど、昼過ぎには予定も空いたので、前から気になっていたイラン・トルコ・ウズベキスタン料理の人気店「レストラン ザクロ」で遅めのランチタイムを過ごすことにした。特に気になっていたのは、その店構え。谷中銀座商店街の入口に差し掛かると、ひときわインパクトのある一角が目に入るのだ。

IMG_8378


店内に入ると、天井に一面のトルコランプ。ここは雑貨店も兼ねているのだ。カラフルでエキゾチックな雰囲気に、日本にいることを忘れてしまいそうになる。

IMG_8382


そして、靴を脱いでレストランスペースへ。レストランスペースといっても、テーブルは椅子はなく、座布団の上に座り、カーペットの上で食事をするというスタイルになっていて、それがまた新鮮だった。壁の方ではスタッフが手を動かしながら何やら雑貨らしいものを作っていた。
その傍らで注文したのはこちらの「ピロシキセット」、なんと500円。

IMG_8380

選べるスープは豆のスープを、選べるピロシキはチキンにした。ピロシキはウズベキスタン風とのことで、油っぽくない分厚い生地が特徴的だった。うん、たぶん揚げていない。

IMG_8381

ナイフを通すと、チキンのミートボールがぎっしり。大きさは小ぶりながら密度が濃かったので、しっかり味わえた。
シャキシャキのサラダにはミントも入っていて、野菜をたっぷり食べられたのも嬉しかった。


帰りに、店頭にあったオリジナルマスクも購入。

IMG_8400

装着しても涼しい素材で作られているらしい。青い目玉のお守りナザールボンジュウがモチーフになっているので、何か良いことがありそうな予感だ。

ベランダ菜園を始めてから、さらに自宅にいながら新生活を始めてから、植物たちの成長ぶりが日々の楽しみになっている。

ローズベリーも苗を植えてから5週間くらいで蕾をつけて、

FullSizeRender

さらにその数日後には赤い綺麗な花を咲かせた。

FullSizeRender

そして、さらに2週間後には、イチゴの実となって、

IMG_8274

少しずつ色付き始めて、

FullSizeRender

開花して3週間後には、イチゴの実は鮮やかな赤色になったので、さっそく収穫した。

IMG_8306

その後も次々と実を付けて、次々と食べている。ほんのり甘酸っぱくて、ちゃんとイチゴの味がしている。

この間に私の生活が激変したわけで、本当にこんなに短い間に・・・なんて思っていたのだけど、ベランダはローズベリーはこの間に蕾を付けて実まで付けたわけなのだ。
まあ、こんなに早くなくていいから、いつかちゃんと実を付けられるといいなって思う。私が今取り組んでいることも。

4月から始まる予定だった新生活が、コロナ禍の影響により1ヶ月遅れで始まった。生活が文字通り一変した。正直ここまで激変するとは予想もしていなかった。もちろん、3年間のブダペストでの生活より日本に帰ってきて直後は変化しかなかった。けれどもそれから半年間はほとんど自宅で過ごしていたこともあり、実はコロナ禍においては自分自身にはそこまで生活の変化はなかった。それが5月になって、自宅にいながら生活が激変。さっそくついていけていない。

前よりもPCにかじりつく時間が格段に長くなった。 スマホを見る時間が減った。ポケモンGOでも遊ばなくなった。とにかく時間が足りない。もう、今まで無駄にしてきた時間をすべて取り戻したいくらいだ。そのうちきちんと料理することもほとんどなくなった(※きちんとじゃない料理はしている)。本当はレトルトやインスタントや冷凍食品にはできる限り使いたくなかったのだけど、そうも言っていられない状況となってしまった。

それでもオンラインミーティングなどで新しく出会う人々との楽しい時間もある。PCの画面上だけでのやりとりとはいえ、少しずつ距離が近くなっている気がするのが嬉しい。早くリアルで会えるようになれたらいいなって、その日のことを考えてワクワクしたりもしている。

オンラインミーティングといえば、最初は割ときちんとした服装でのぞんでいたのだけど、ラフな服装の参加者も多かったので、私もTシャツにしてみた。 

FullSizeRender

IMG_8244


ただ、襟のところで見切れてしまうので、せっかくのデザインを見せることがなかなかできないのが残念である。

それにしても、こうも毎日自分の未熟な点ばかりに気付かれて、何度も挫折しかけた。それでも自分で選んだ道だから諦めないし、たった数週間でも自分の中で何かしらの進歩も見つけることができた。
これからの新しい積み重ねがまた新しい自分を作っていくのだろう、そう信じている。
 

先日10kgというかつてない量の新玉ねぎがどっさり届いたので、



まるまる4個も使ってパプリカチキンを作ってみた。カリッカリにトーストしたガーリックフランスパンを添えて。

FullSizeRender

パプリカチキンを作る工程で、私は一切の水を加えない。玉ねぎと鶏肉から出る水分だけを有効活用するのだ。今回のパプリカチキンは新玉ねぎを4個も使ったからなのか、じんわりとした甘味がパプリカの風味とうまく調和していた。

ベランダで育てているイタリアンパセリも大活躍。 ぐんぐん育っているのでいつも遠慮なく大量に使っているのだけど、さらにぐんぐん育っているので、なかなか消費が追いつかないくらいだ。

5月に向けて、ほかの野菜やハーブの栽培の準備も進めている。ゴーヤにも挑戦してみようかな。 

先日新聞を読んでいたら、最近は食品ロス(フードロス)削減に取り組む通販サービスがいくつもあることを知った。ブダペストでの生活では、日本でだったら確実に「規格外」とされてしまいそうな野菜を普通に購入して食べていた。たとえば↓のキュウリだったり、



↓のニンジンだったり。



だから、生産者さんたちがせっかく丹精込めて育てた野菜が、「規格外」のために廃棄されてしまうのは、なんとも心苦しく思う。また、せっかくいっぱい育って「豊作」となっても、供給過剰となってしまうので結局廃棄しなければならなくなってしまうのも、ものすごくもったいない話だ。

ちょうど外出自粛のため、そろそろ野菜もネット通販で購入しようかと考えていた時だった。というわけで、さっそくそのサービスのひとつ「フリフル」の通販サイトで購入したのが、野菜の詰め合わせセットと、



熊本県天草産の新玉ねぎ10kg



数日後に到着したダンボールを開けると、新鮮な野菜が種類豊富に入っていた。

FullSizeRender
FullSizeRender

新玉ねぎ10kgというボリュームにも圧倒されながら、この日の夕食に生玉ねぎサラダを1品。

FullSizeRender

生の玉ねぎって昔は苦手だったのだけど、この新玉ねぎはほどよい甘みで美味しくて、あっというまに2分の1個分を完食した。玉ねぎは普段からカレーその他の料理にもどんどん使っているので、おそらく数週間後には再発注していることだろう。

↑このページのトップヘ