ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: ハンガリー

ブダペスト滞在中、所用があって地下鉄3号線のドージャ・ジェルジ通り駅(Dózsa György út)まで来てみた。

FullSizeRender

このあたりは近代的なオフィスビルが建ち並び、ブダペストの主要観光スポットでもある、ドナウ川沿いの歴史地区とはまったく違う雰囲気だ。

FullSizeRender

中心地から地下鉄でちょっと離れただけなのに、まるで違う街に来たような気分になる。

FullSizeRender


でも、地下鉄駅のすぐ近くには、ヨーロッパの建築物らしい建物もそのままある。

IMG_5844

新旧の様式が混在、いや共存している、なかなか興味深いエリアだと思う。

セルビア北部の街スボティツァ(Subotica)。ずっと再訪したかったシナゴーグを見学し、その感動の余韻に浸りながら駅への道を急いだ。
 

ところで、このあたりでは私の大好きな壁画にもちらほらと出会えた。

IMG_5748
IMG_5749

↑スボティツァのハンガリー語名「サバドカ(Szabadka)」が記載されているのに気付いた。


近くのスーパーでお土産を購入し、最後にセルビア正教会に寄ってみた。

IMG_5754


結局出発時刻に間に合ったので、バスではなく列車でブダペストに戻ることにした。

FullSizeRender

列車に乗ったらさっそくパスポートコントロールがあった。

IMG_5764

列車は定刻に出発。程なくフェンスを越えて、ハンガリー国内に入った瞬間にスピードが速くなった。ハンガリー側でのパスポートコントロールを終えると、なんだか急にホッとした。
ちなみに正直こんなに小さな列車がブダペストまで行くのが全然想像できなかったのだけど、ケレビア(Kelebia)という駅で別の列車に乗り換えるという仕組みになっているということを、この時初めて知った。

FullSizeRender

そして、乗り換えた列車もそんなに大きくなかった。新しかったけど。


あとはブダペストを目指して列車に揺られるだけなので、自分用のお土産に買ったアップルシードルでひと息。

IMG_5767

このパッケージ、なんとなく見覚えがあるなぁと思っていたら、前にスロヴェニアでも似たようなの買っていた。


それにしても、列車の中で全然やることがなくて、時間を持て余していたところ、行きに新聞を買っていたことを思い出した。ハンガリー語の練習にもなったし、これでだいぶ時間も潰せた。はずなのに。


このあと元々停車予定がないデールエジハーザ(Délegyháza)という駅で、列車が足止めを食ってしまった。乗務員によると、復旧の目処も立たないという。ブダペスト行きのバスがあるのことなので、そちらに乗り換えることにした。

IMG_5770

本当に何もない駅だったので、あたりは真っ暗だった。


ともあれ、無事にネープリゲド(Népliget)の長距離バスターミナルに到着。

IMG_5772

帰りはブダペスト東駅からを予定していたのに、振り出しに戻ってしまった。


あっという間だったけど(すぐに暗くなるし天気もイマイチだったけど)、1泊2日のセルビア北部ヴォイヴォディナ旅行、最後までしっかり楽しむことができた。いつかそう遠くないうちに、空が青い季節にまたぜひ訪れたい。

約3ヶ月ぶりにブダペストに来たものの、最初の1週間は諸々の用事に忙殺されてしまっていて、ほとんど観光はできなかった。しかも寒かったし暗くなるのも早かったしで。でも、土日くらいはちょっとだけでも遠出をしたくて、数週間前からフリックスバス(FliXBUS)のアプリを開きながら、あれこれと行き先を検討していたのだった。
それにしても、どういうわけかアプリがウクライナ語表記のまま変更できなくて、なかなか苦戦した。


おそらくウクライナ旅行中にも開いていたことも原因なのだろうけど、もうあれから5ヶ月も経過しているのだから、そろそろどうにかなってほしいものだ。


ちなみに行き先候補は今回も、かつてのオーストリア=ハンガリー二重帝国もしくは旧ハンガリー王国の領土に限定。それが私のスタイル。結果、約2年前に訪れたセルビアのスボティツァ(Subotica)のリニューアルされたシナゴーグを見たかったし、



どうせだったら初めての街にも訪れてみたくて、そういえば「世界の旅行先ベスト10 2019」の第3位にノヴィ・サド(Novi Sad)がランクインしていたよねってことを思い出して、



行き先をこの2都市に決定。まずはバスでノヴィ・サドまで行き、帰りにスボティツァに寄りつつブダペストに戻るという行程にして、やや弾丸ながら1泊2日で旅することにした。


そんなわけで、土曜日の早朝にブダペスト9区のネープリゲト(Népliget)の長距離バスターミナルに到着。

IMG_5501

ところで、バスに乗り込む前に売店に寄ったら、新聞の一面がハンガリーのオルバーン首相と安倍首相のツーショット。ちょうど前日に東京で首脳会談があったことを報じていた。

FullSizeRender

FullSizeRender

自分へのお土産に買って帰った。そして、これがあとになって役に立つなんて、この時は思ってもいなかった。


晴れ女だったはずなのに、残念ながら車窓からの眺めはどんより灰色の景色。

IMG_5504

景色を充分に楽しむこともできず、

IMG_5505

おかげでよく眠れた。


バスはセルビアとの国境付近のレスケ(Röszke)の検問所に到着。

IMG_5508

よく見えないけれど、この向こうがセルビアの地。

IMG_5509


パスポートコントロールを終え、バスはセルビア国内を走り、出発から約5時間ほどでノヴィ・サド(Novi Sad)に到着。

FullSizeRender

FullSizeRender

天気が若干持ち直しているようで安心した。それでは、観光スタート!

ブダペストに戻ってきたものの、なかなか観光ができないまま滞在5日目に。歩いている途中、デアーク・フェレンツ広場(Deák Ferenc tér)に差し掛かったので、クリスマスマーケットの様子をちょっとだけのぞいてみた。
IMG_5439

IMG_5437

16時52分でこの暗さだし、凍るような寒さだけど、訪れる人々みんなが笑顔で賑やかな雰囲気に包まれていると、心の中から温まっていく感じがした。

IMG_5440
IMG_5441


ちなみに2017年時の様子はこちら↓

 

同じような印象だけど、よく見ると、年々少しずつデコレーションが変化しているようだ。

約3ヶ月ぶりのブダペストはまさかの大雪

IMG_5390

リスト・フェレンツ国際空港内のブダペスト交通センター(Budapesti Közlekedési Központ: BKK)のカウンターで市内交通15日チケットを購入。これで滞在期間中は、バス・トラム・地下鉄・郊外電車を含むブダペスト市内の公共交通機関が乗り放題となる。そして、その足でつい、200E番のバス停へと向かってしまった。さらにそのまま乗り込んでしまった。この時の私は地下鉄3号線の工事のことをすっかり忘れてしまっていたのだった。


2019年12月現在、ブダペスト地下鉄3号線ナジヴァーラド広場(Nagyvárad tér)とケーバーニャ・キシュペシュト(Kőbánya Kispest)間絶賛改装工事中である。工事開始前までは、空港から200E番のバスで終点のケーバーニャ・キシュペシュト(Kőbánya Kispest)まで行き、そこから地下鉄3号線に乗り換えれば市内中心部までアクセスできた。しかし、改装中の工事区間は代替バスの運行も含めて諸々変更となったので、200E番のバスでナジヴァーラド広場(Nagyvárad tér)まで乗って、そこから地下鉄3号線に乗り換えなければならなくなった。


ただでさえ大雪のせいで道路が大渋滞で、通常35分のところを2時間以上もバスに揺られたうえに、ナジヴァーラド広場(Nagyvárad tér)で降りたら積もった雪の上をガラガラとスーツケース2台を引きずって歩くハメに陥り、さらに地下鉄の駅にエスカレーターもエレベーターも設置されていなかったので、試行錯誤しながら自力でスーツケースを運びながら階段を降りるハメに陥った。雪の上を歩きながら、もう私どうしてこんなことしているんだろう??って悲しくなってきたのだけど、そうだよね、ケチって市内交通チケットで済ませようとしたのが敗因だった。これだけ荷物があるのだから、タクシーでもよかったのだ。もしくは、せめて900フォリント(約360円)でチケット購入して、100E番の空港直通バスに乗ればよかったのだ。それでもどうせ大渋滞だったのだけど。

※↓100E番バスの運行イメージ。


ともあれ、無事に滞在先のアパートメントに到着し、ひと息つくことができた。帰りは100E番に乗ることを固く心に誓い、初日の用事を済ませた。


夜の雪景色の自由橋(Szabadság híd)
 
IMG_5393

マイナス1℃の寒さでも、こうした美しい景色が癒してくれる。

↑このページのトップヘ