ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: ハンガリー

山ばかりの6月を終えて7月に。以前から7月3日より勝手に夏休みを取ることにしていた。勝手に。正確にいうと7月3日の夕方までは普通に生活していたのだけど、18時過ぎになってブダペスト・リスト・フェレンツ国際空港に到着。ここからちょっとした冒険が始まったのだった。

FullSizeRender


飛行機は夜22時過ぎに、ドイツはケルン(Köln)に到着した。脳内のチャンネルをドイツ語に設定し、ホテルにチェックイン。到着した時点ではまだ明るくて、ブダペストと時差はないのにすっかり目が冴えてしまった。一旦荷物を置いてから、夜の街へ。ホテルはケルン大聖堂(Kölner Dom)のすぐ近くで、ライトアップがとても美しかった。

IMG_2841


大聖堂近くのケルン中央駅(Köln Hauptbahnhof)あたりを歩く。ここに初めて来たのは約20年前だ。その記憶は実際ほとんどないのだが、少なくともこんなに最新式ではなかったという確信はある。そして記憶の中でも充分都会だったが、それから約20年で大きく変貌したことを実感した。

IMG_2842

それから約20年、私自身も大きく変貌したはずだ。この地にまた戻ってきたことに何かの意味を感じてしまった。たぶん、というか絶対気のせいだけど。


23時過ぎのケルン大聖堂(Kölner Dom)のライトアップを360°眺めながら、どこか落ち着ける店を探した。

IMG_2845


そんなこんなで見つけたのが、駅の近くの「ディー・クンストバー(die kunstbar)」

IMG_2850

こんなにもオシャレな空間なのに、ついつい瓶ビールを注文してしまった。ケルン名物の「フリュー・ケルシュ(Früh Kölsch)」。ドイツって地方や街によって目にするビールの銘柄が異なるのがとっても興味深い。


さてなぜ今回この地に来たのかはおいおい打ち明けるとして、夜の始まりが遅いせいなのか興奮のせいなのか、とにかくホテルに戻ってもなかなか眠れないまま、次の日を迎える。次回に続く!! 

いよいよ7月。暑い季節はワインと炭酸水を1:1で割った「フルッチュ(fröccs)」が美味しい。

IMG_2825


この日も友人たちと集まって、公園にあるレストランのテラス席でゆっくり味わいながら過ごした。


あとから気づいたのだけどこの写真、 フルッチュ(fröccs)を作る前の写真。グラスが空のままだった。
そして作ったあとの写真を撮る間もなく、飲み切ってしまったのだった。

「広さ」においてはブダペストに次いでハンガリー第2の規模を誇るホードメゼーヴァーシャールヘイ(Hódmezővásárhely)。柔らかな風合いの伝統刺繍も有名だが、2018年2月の市長選で与党候補者を押しのけて、無所属のマールキ=ザイ・ペーテル(Márki-Zay Péter)市長が誕生したことも、記憶に新しい。
「エムレークポント(Emlékpont)」を訪れた後は、少しだけ街中を観光した。


なかなか趣のある古い建物は、セゲド大学の農学部のようだ。

FullSizeRender


そのあともテクテク歩きながらトラ(?)の噴水を見つけたり、

FullSizeRender


不思議なモニュメントの向こうに改革派教会を見つけたり、

IMG_2745


街の名前のロゴの写真撮影スポットを見つけたりした。

FullSizeRender


土曜日だったからか、街はとても静かだった。

FullSizeRender


そして写真には納めなかったが、「エムレークポント(Emlékpont)」の付近も含めてトラム路線設置に向けての大規模な工事の途中のようだった。それも土曜日だから休止しているのか、ずっと前から中断しているのかというと、後者のようにも思えた。真相はまた行ってみないとわからないけど。でも、この街をトラムが行き来する様子をいつか見てみたいと思った。

独特の柔らかいデザインが特徴の刺繍が有名でもある、ハンガリー南部ホードメゼーヴァーシャールヘイ(Hódmezővásárhely)を訪れた。なかなか長すぎるこの街の名前、「ホード(hód)=ビーバー」「メゼー(mező)=草原」「ヴァーシャールヘイ(vásárhely)=市場の場所」と、ひとつひとつの単語の区切りで見ると、大変理解しやすい。名前も長いことながらこの街、なんとその「広さ」についてはハンガリーでブダペストに次ぐ第2位の規模だと知った。


この街を訪れた目的は、街の中心地にある「エムレークポント(Emlékpont)」

FullSizeRender

IMG_2747


この博物館ではハンガリー、特にこの街における第一次世界大戦後および共産主義時代の歴史に関して展示されている。入口に入る前に、なかなか衝撃的な光景の中庭を目にしてしまった。

FullSizeRender


チケットを購入し、博物館内部へ。

FullSizeRender


途中の展示で、この街が1919年から1920年の間、ルーマニアに占領されていたことを初めて知った。

FullSizeRender


暗い歴史の展示が並ぶ中、共産主義時代のスポーツビュッフェを再現した空間も。

IMG_2736

IMG_2735


そして地下に降りると、中庭の像たちの下半分があった。

FullSizeRender


特別展の方では、共産主義時代のプラカードが展示されていた。

FullSizeRender


最近はこのように「第一次世界大戦以降のハンガリー」をテーマに知見を集めている。まだまだ知らないことばかりだ。

ブダペスト地下鉄2号線を始め、トラムやバスの数多くの路線が交差するセール・カールマーン広場(Széll Kálmán tér)。ずっと工事中の部分があって、いつもなんだろう?って思っていたのだけど、先日通りかかったら、銅像が完成していた。

IMG_2714

それもこの広場の名前の由来となった、オーストリア=ハンガリー二重帝国時代のハンガリー首相セール・カールマーン(Széll Kálmán tér)の銅像だった。


完成したばかりだからか、 通りかかる人々が足を止めてじっくり見ていた。私がブダペストおよびハンガリーに来たばかりの頃は大工事中で、さらにそれより数年前まで「モスクワ広場」という名称だったこの広場。まだまだ目まぐるしく変化しそうだ。

↑このページのトップヘ