ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

カテゴリ: ドイツ

ブダペストの生活は夢なんかではなく現実だったわけで、この前到着したばかりだったのに、また東京を離れて「ドナウの東」に戻る。予定していた用事をすべて済ませ、あっという間に一時帰国は終了。


飛行機に乗り遅れるわけにはいかないので、少し早めに家を出て成田空港に到着。搭乗手続きとセキュリティーチェックを済ませ、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)で利用できる大韓航空のラウンジ「KAL BUSINESS CLASS LOUNGE」で朝食をとることにした。

FullSizeRender

ビールだけど、朝食。フードも充実していてとっても快適だった。


しばらく寛いでからゲートへ。すっかり「エアポート投稿おばさん」気分を満喫していたら、飛行機の出発が1時間遅れることが判明。

IMG_2198

もともと2時間弱しかない乗り換え時間が、さらに短くなってしまう。無事に乗り換えできるのか、12時間後のことを今からそわそわと不安になってしまった。



そうこうしているうちに無事に搭乗。まもなくして、機内食(その1)がやってきた。

IMG_2201

このカツ丼が美味しすぎて感動した。私、こんなに美味しい機内食を食べたのは初めてかもしれない。一口ひとくち大事にいただいた。そしてドリンクは「ウイスキーのソーダ割り」を注文。なんのことはない、ハイボールだ。


映画を観ていたらまったく眠くならなくて、機内食(その2)

IMG_2202

迷わず和食を選択。こちらもとっても美味しかった。「機内食」の先入観を良い感じに覆してくれた。そしてここでもやっぱり「ウイスキーソーダ」


飛行機は、約1時間遅れでデュッセルドルフ国際空港に到着。

IMG_2203


刻々と減っていく乗り換え時間・・・と思いきや、予想よりもずっとスムーズに手続きが終わった。なので、予定通り「HUGO JUNKERS LOUNGE」に駆け込んだ。

FullSizeRender

このラウンジがまた快適。ドイツビールの中で私が最も大好きな「ビットブルガー(Bitburger)」と、キャベツのサラダ、チェヴァプチチアイヴァル(※最後のはドイツ料理じゃないけど)を添えて堪能した。それにしても出発からよく食べたし、よく飲んだ。


「ヨーロッパ・パーク(EUROPA PARK)」とのコラボ機体に乗って、無事にブダペストに到着。

IMG_2213

なにはともあれ、無事に帰宅できた。

金曜日のワインパーティーでは、なんと1984年産のフランケンワインも登場した。友人が10年ほど前にドイツ人の家族からいただいたものらしい。1984年のヴュルツブルク(Würzburg)と言えば、まだ西ドイツの時代。 

IMG_9727

ただ、友人自身は「ちゃんとした状態で保存をしていなかったの味の保証はない」と。実際、まさか2019年になるまで開栓しないとは思ってもいなかったようだ。


で、実際開栓してみたところ、言葉を選ぶと「かなり熟成」されていた様子で、その時代の重みを口の中でずっしりと感じた。もし1984年から数年以内に開栓したら、また別の味わいだったんだろうな。
そして、このワインもまさか2019年になってから開栓されるなんて、予想もしていなかったんだろうな。 

ベルリンからブダペストに戻るべく、シェーネフェルト空港(Flughafen Berlin-Schönefeld)へ。免税店でお土産を調達した後、プライオリティ・パス(Priority Pass)で利用できるラウンジ「GREEN WINGS LOUNGE」で搭乗時刻までの時間を過ごした。

ラウンジの入口はちょっとわかりにくかったのだが、「Lounge」の表示を追っているうちにこのドアにたどり着いた。

IMG_2857

あまりに普通の佇まいだったので戸惑ったが、このドアを開けた先を進むと、確かにラウンジがあった。

IMG_2858

ソファー席が中心で、ゆったりした空間。

IMG_2859

ドリンク・フードともに他のラウンジと比較したらそれほど充実しているとは言えなかったが、おつまみコーナーにポテトサラダのパックもあった。これがまたビールにぴったりなんだよね。


そういえば、プライオリティ・パス(Priority Pass)の有効期間はあと2ヶ月。もしかしたら同カードで利用する空港ラウンジはこれが最後かもしれない、と考えるとさすがにちょっと寂しくなってきた。

今回のベルリン行きで出会った、「バディーベア(Buddy Bear)」たち。


まずは、オストクロイツ駅(Ostkreuz)の出入口付近にて。

FullSizeRender

さまざまな絵画がペイントされていて、なかなかの芸術性を感じた。両足とも線路に乗っているのは、駅だからかな。
 

続いて、地下鉄のアレクサンダー広場駅(Alexanderplatz)の連絡通路にて。

FullSizeRender

こちらは地下鉄の路線図がペイントされていて、割とシンプルだ。


この後ベルリン大聖堂(Berliner Dom)に向かう途中、カール・リープクネヒト通り(Karl-Liebknecht-Straße)沿いのお土産物屋さんでも発見。

FullSizeRender

アテネオリンピックの銅メダリストなのかな。


最後にブダペストに帰る途中、シェーネフェルト空港(Flughafen Schönefeld)にて。

FullSizeRender

絵画とベルリンの名所(?)が混じりあったデザイン。ちょっとわかりにくいところにあったから、見つけられて嬉しかった。


バディーベアたちは、恵まれない子どもたちのためのチャリティー活動の一環とのこと。そういえば昔、六本木ヒルズでもイベントやっていたのを思い出して調べてみたら、2005年のことだった。
あれからもう、13年近く経っているのね。

「カリーヴルスト博物館(Deutsches Currywurst Museum)」は、チェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)の近くにあった。ベルリンが東西に分断されていた時代の国境検問所だ。かつて旧ソ連によって統治されていた地区にいたということで、プラカードの向こうがアメリカ統治地区となる。

IMG_2817


当時の国境検問所が再現されていた。その向こうにすぐにマクドナルドがあるのがわかりやすい。

IMG_2818


反対側からの眺め。アメリカ統治地区を出ますよ」と書いてある。

FullSizeRender

その向こうの景色は、壁崩壊後の約30年ですっかり変わったのだろう。


付近にはベルリンの壁など当時の展示が設置されていた。

IMG_2812

IMG_2814


シュタットミッテ駅(Stadtmitte)より地下鉄に乗り、アレクサンダー広場駅(Alexanderplatz)で下車。駅の周りは新しい建物が増えてあやうく迷いそうになってしまったが、テレビ塔(Berliner Fernsehturm)マリエン教会(St. Marien Kirche)が並ぶ景色は初めて訪れた頃のままだった。

IMG_2824

この教会は森鴎外の「舞姫」の舞台にもなった。主人公の太田豊太郎が踊り子エリスと出会った場所だ。そのことを思い出し、昔の恋を思い出し、ちょっとだけ切ない気分になってしまった。


てくてく歩いてシュプレー川(Spree)を越え、旧美術館(Altes Museum)に到着。

IMG_2826


そしてその隣には、ベルリン大聖堂(Berliner Dom)が堂々とした風格を持って佇んでいた。

FullSizeRender

その年、私は夏の1ヶ月間ボン大学のサマーコースに参加していた。コースを終えて、当初はミュンヘンを経てフランクフルト国際空港へと向かうつもりだったのだが、思うことあって予定を変更し、ベルリンへと向かった。まだ復興途中の街の東側は、それまで見てきた他のドイツの都市と全くといってもいいほど違う印象で、旧東ドイツの雰囲気を色濃く残していた。
そんな中街を歩いている途中、このベルリン大聖堂にたどり着いた時、あまりのスケールの大きさと荘厳な建築にとにかく圧倒された。あの瞬間の衝撃は、今でも鮮明に憶えている。


帰国後に大学の交換留学制度を調べて準備を開始し、その次の年にライプツィヒ大学への交換留学を決めた。留学から戻った後は紆余曲折あったのだが、さらに東のハンガリーとはいえ、結果的にまた中東欧の地にて生活することになった。そう考えると、もしかしたらあの瞬間が人生のターニングポイントなっていたのかもしれない、という気がしてきた。


これから先の人生も、まだまだ紆余曲折は続くのだろう。けれども道は1本のみ。後悔することのないよう突き進んでいこう、そう心に決めた。

↑このページのトップヘ