<前編>はこちら


ハンガリーの代表的ビールのひとつでもある「ドレヘル(Dreher)」本社兼工場でのビール工場見学ツアー もいよいよクライマックス




可愛らしい機関車型の乗り物で次の目的地に向かう。



途中には山積みにされたケースたち。
たぶん中身が入っているわけではないと思う。・・・入っていないよね。




たどり着いたのは充填のセクション。



醸造したビールは、ここでタンク、そしてペットボトルに充填される。日本ではあまりお目にかからないけれど、ハンガリーにはペットボトルのビールが売っている。


工場見学が終わり、いよいよ試飲タイム




従業員専用のバーで、ひとり2杯飲み比べできる。会社内お酒が飲めるところがあるなんて素敵!(昔の職場でもあったけどね。)



私は「Dreher」の普通のビールと、「Dreher BAK」という黒ビールを選んだ。工場でできたてのビールを飲めるなんて、至福のひととき。


そんな中、カウンターの中の女性より「どうぞ」とサービスで受け取ったのがこちらのグラス。



彼女によると、「リゴー(Rigó)」といって、普通のビール2に対して、黒ビールを1を混ぜたもの。両方の味を一度に楽しめるわけだ。他にも美味しい飲み方を教わった。


ちなみに、一緒に参加したドイツ人の高校生たちも、先生引率のもと、飲み比べに興じていた。ドイツではビールは16歳以上で飲めるし、このツアーも18歳以上なら参加できる。
ただもちろん、日本の法律では未成年の飲酒は禁止なので、もし20歳未満の方が参加する場合は、試飲タイムの際ソフトドリンクを飲むことを強くオススメする。ソフトドリンクもちゃんと用意されているから。


バーにはグッズも売っていて、自分へのお土産にビアグラスポロシャツも購入。



このビアグラス晩酌するのが、今からとっても楽しみだ。