先日、ゲステニェーシュ公園(Gesztenyés kert)の有機野菜市場で買った不思議な野菜「パティソン(patisszon)」



「薄く切ってパン粉を付けてフライにすると美味しいよ〜」とか、
「中をくり抜いて種を取り除いて、ひき肉などを詰めてオーブンで焼くと美味しいよ〜」など、
さまざまなアドバイスをいただいたものの、正しい切り方がわからず、しばらく放置していたのだけど、思い切って半分に切ってみた。


「ズッキーニのような食感」とは聞いていたのだけど、確かに包丁がスーッと入った。かぼちゃのような硬さを想像していただけに拍子抜け。
で、結局いろいろ調理するのが面倒だったので、そのままスライスして焼いてアイヴァル(Ajval)を付けていただいた。
確かに「味の特徴はない」と聞いていた通り、ズッキーニよりもはるかに淡白な味だったが、食感が良いので食べやすかった。


その後、日本でも「UFOズッキーニ」という名前で売られているという事実を知った。滋賀県で栽培されているようだ。そのうち実家近くのスーパーでも目にするようになる日が来るのかもしれない。