いよいよ出発まであと2日となり、既に仕分けをしていた荷物を、やっとスーツケース2台(※預け入れ用と機内持ち込み用)に詰め終えた。




入ることは入った。問題は重量だ。


預け入れ荷物の方は、スペースのほぼ半分が着物一式で埋まってしまっている。「絶対向こうで着れた方がいいから!」と、母親の強い要請で持って行くことになった。
そもそも私は成人式以来着物というものを着たことがなく、もちろん自力で着たこともなかったわけで、おかけで急遽着付けを習い始めることになった。個人レッスンを申し込み、5月の終わりから毎週土日と通い詰めた。平日だって忙しいのに、週末になかなか他の予定が入れられなかったことはものすごく残念だったのだが、猛特訓の効果もあり、約1ヶ月半でなんとか着れるようになった。ただし、綺麗に着れるかというのはまだまだ課題である。
着物は1着、それと帯は2種類に長襦袢、草履、小物類と揃えているうちに、それなりの重さになってしまった。 本当に着る機会があればいいのだが。


機内持ち込み用は半分がパソコンや重要書類など。こちらはもし制限の10kgを超えていたら、パソコンバッグごと外に出せばいいので、心配は無用だ。


それにしても、何か大事な物を忘れていないだろうかという不安はまだまだ拭えない。
明日しっかり最終チェックしないとね。