ベランダ菜園でキュウリも育て始めてから約4週間が経過。

雌しべの根元がふっくらと膨らんで、やっと実らしいものが確認できるようになってきたけど、なかなか大きくならないなぁ、まだかなぁなんて思っていたその翌日の朝。

IMG_1671

どどーんと大きな実を発見したのだった。真っ直ぐに下に向かって実を付けている。
こんなに大きいのに、どうして前日に気づかなかったのだろう。私はいったい何を見ていたのだろう。
それとも一晩でここまで成長したのだろうか。

さすがにそんなわけはないだろうけど、それでも釈然としないまま収穫。

IMG_1672

測ってみると、なんと長さ約30cm。本当にちょっと見ないうちに立派になったよね、キミ。

もっと細くて長さも短めな日本のキュウリにすっかり慣れていたけれど、この見事な太さと長さに、ブダペストで食べていたキュウリを思い出した。

ちなみに味はいうと決して大味ではなく、ギュッとお美味しさがつまった正真正銘キュウリの味だった。大きな実ながら、しっかり栄養を蓄えていたようだった。

これで最初で最後と言わずに、まだまだどんどん立派な実をつけてほしい。