年末に向けて、カレーばかり食べている。


たしかにタイカレーザイカレー同じ料理ジャンルとしてみなすのは少々乱暴かもしれない。でも私は、どんな種類のカレーも大好きなのだ。

この日は友人とランチタイムにインドカレーを食べに行こうという話になって、ネットでお店を探していた。その途中、「そういえば前に町屋のベンガル料理のお店に行ったことあるって言ってたよね?」と友人。事実、5年前だったか6年前だったかに、仲間うち8人くらいで夜訪れたことがあって、その話をしたことがあった。ベンガル地方の料理だからナンがないこと、店長夫妻の3歳くらいのお嬢さんがお店にいて一緒に遊んで楽しかったことなどを。ただ、どういうものを食べたのか、肝心の料理についてはなぜだか全然記憶がなかった。ナンがない、ということを除いては。

というわけで、新鮮な気持ちでそのベンガル料理店「プージャー(Puja)」を再訪するべく町屋へ。

FullSizeRender

前回と同じものだったかは記憶が定かでないが、ドアには「ナンありません」と貼ってあった。

ランチタイムとはいえど、少し早い時間だったからか、店内は空いていた。

IMG_0190

そうだった、前はこの御座敷席で食べたのだった。

ランチのセットメニューは2種類あり、そのうちチキンココナッツカレーの方を注文。せっかくだから、インドビールも飲むことにした。
IMG_0191

この日は「タージ・マハル」という銘柄だった。店員さんいわく、業者さんが毎回違う銘柄をすすめてくれるらしい。

ほどなくして料理が到着。左から豆スープ、野菜料理、チキンココナッツカレー、サラダ、そしてバシュモティライスだ。

IMG_0192

この豆スープも野菜料理もスパイシーな味付けで、一度に3種類のカレーを堪能できた気分になった。なんという贅沢! バシュモティライスもどんどん進んだ。

初めて訪れた時になぜ料理の記憶がなかったのか、その理由は今でも全然わからない。だけど、今現時点での私はまたこの店を訪れたくて、そしてまた訪れる理由を訊かれるとしたら、紛れもなく料理とお店の雰囲気が最高だったからと答えるだろう。


こうしてブログ書いている間も、その味を脳内で反芻しながら、また食べたくなっているのだ。