ちょうどこの前週末にも家族の用事で近くを訪れていたので、2週連続の横浜・山下公園エリア。今回は「横浜人形の家」のイベント「ロシアンミニマルシェ」に出店されているイスクラさんに会いにいくのが目的だった。いつもTwitterで大変お世話になっているだけでなく、著作『ノスタルジア食堂』のレシピを参考にさせていただくことも多いので、ぜひとも直接ご挨拶したかったのだ。






イベントは、企画展「チェブラーシカとロシアのかわいい人形たち」と連動しているので、まずはそちらを見学。

image

会場ではたくさんのチェブラーシカに迎えられて、久しぶりに胸がキュンキュンした。初めてチェブラーシカというキャラクターを知ったのは、大学1年生の時だった。当時仲の良かった同級生が熱烈な愛好家で、文房具や小物などをチェブラーシカで揃えていたのだ。あの時はどうしてあそこまでハマれるのかよくわからなかったのだけど、今ではその情熱を少しは理解できる。

そのあと「ロシアンミニマルシェ」に移動して、イスクラさんと念願の初対面。ショップでは前から気になっていた書籍『ウンゼレ ハイマット 我らがふるさと』とポストカードを購入した。

image


会場をあとにして、山下公園を歩いていたら、さっそく向こうに巨大なガンダムが見えた。

image

image

いつのまにか、「GUNDAM FACORY YOKOHAMA」なるものが建設されていた。オープンは12月らしい。不思議と港町の景色とよく調和しているように感じた。

ちょうどマリーンルージュが出航する前だった。

image

脳内にサザンオールスターズの「LOVE AFFAIR 〜秘密のデート」が流れ始めた。でもそういうの、私だけではないはず。

横浜マリンタワーは、私の幼い頃の記憶とは違うデザインになっていた。

image

私が通っていた中区の小学校では、仰向けになって両手で腰を支えながら両脚を真上に伸ばすストレッチポーズを「マリンタワー」と名付けていたことを思い出した。今ではそのポーズがなかなかできないほどにすっかり体が硬くなってしまった。


海風に吹かれながら、日が暮れる前に帰路へ。

image

周りはカップルばっかりでちょっと浮いてしまったかもしれないけれど、こうして1人で歩くのも悪くなかった。