先日新聞を読んでいたら、最近は食品ロス(フードロス)削減に取り組む通販サービスがいくつもあることを知った。ブダペストでの生活では、日本でだったら確実に「規格外」とされてしまいそうな野菜を普通に購入して食べていた。たとえば↓のキュウリだったり、



↓のニンジンだったり。



だから、生産者さんたちがせっかく丹精込めて育てた野菜が、「規格外」のために廃棄されてしまうのは、なんとも心苦しく思う。また、せっかくいっぱい育って「豊作」となっても、供給過剰となってしまうので結局廃棄しなければならなくなってしまうのも、ものすごくもったいない話だ。

ちょうど外出自粛のため、そろそろ野菜もネット通販で購入しようかと考えていた時だった。というわけで、さっそくそのサービスのひとつ「フリフル」の通販サイトで購入したのが、野菜の詰め合わせセットと、



熊本県天草産の新玉ねぎ10kg



数日後に到着したダンボールを開けると、新鮮な野菜が種類豊富に入っていた。

FullSizeRender
FullSizeRender

新玉ねぎ10kgというボリュームにも圧倒されながら、この日の夕食に生玉ねぎサラダを1品。

FullSizeRender

生の玉ねぎって昔は苦手だったのだけど、この新玉ねぎはほどよい甘みで美味しくて、あっというまに2分の1個分を完食した。玉ねぎは普段からカレーその他の料理にもどんどん使っているので、おそらく数週間後には再発注していることだろう。