昨年11月、約3年間のブダペストでの生活中向こうで入手した大量の本も引越し荷物とともに戻ってきた。一方で日本に置いてきた本も相当数ある。なので、この際全部一ヶ所に集めて新しい本棚を作ることにした。


まずは本棚を置く場所を準備するところから始まったのだが、本棚の組み立てが大変だった。なるべく多くの本を収納できるように棚可動式のものを購入したものの、本のテーマでゾーニングするのに苦心した。本の高さがバラバラなので、棚の高さがなかなか決められないのだ。特に友人から譲り受けたハンガリー語やドイツ語の本は日本のものよりもサイズが大きくて、結局すべてを収納することはできなかった。

FullSizeRender

というわけで、横にもう1つ本棚を追加


よく「本棚を見るとその人がわかる」なんて言われているけれど、私の場合ほとんどが家族や友人から譲り受けた本なので、その法則は当てはまらない。でもここからアップデートしていくことで、だんだん本棚の内容が私自身に寄ってくるか、逆に私が本棚の内容に寄ってくるか、そのどちらかなんだろうとは思う。