セルビア北部、ヴォイヴォディナ自治州の州都ノヴィ・サド(Novi Sad)を初訪問した翌朝。世界は白、というか灰色の霧に包まれていた。

IMG_5645

FullSizeRender

少し先さえまったく見えないほどの濃霧で、せっかくこれからスボティツァ(Subotica)の美しい街並みを観に行くのに、先が思いやられた。


8時25分発・・・の予定が10分遅れでバスは出発。

IMG_5650

このバスはベオグラード(Beograd)から来ていて、ここまでの道のりも濃霧で大変だったことだろうと思われた。遅れて到着しても無理はない。


ただし、北に行けば行くほど霧は少しずつ薄くなってきて、ほぼ定刻通りにスボティツァに到着した。

IMG_5653

ここからブダペストまでの交通機関は14時2分発の列車を予定していたのだけど、念のためバスの時刻表を調べてみたら、14時45分発の便があった。

IMG_5654

もし、スボティツァからブダペストやウィーン、アムステルダムまで行く予定がある方がいらっしゃったら、こちらをご参考に(なかなかいらっしゃらないと思うけど)。
ともあれ、もし列車の時刻に間に合わなかった場合はバスで帰ることにして、街の中心地を目指した。
途中、完全ハンガリー語の看板を見つけたりした。

FullSizeRender

10分ほど歩いて鉄道駅に到着。まずは場所だけ確認。

IMG_5660

そして約2年ぶりに、その近くのライフル宮殿とハンガリー総領事館の建物を見ることができた。

FullSizeRender

外壁の装飾は相変わらず美しかった。


空が白いので、以前訪れた時と比べてどことなく違う雰囲気を感じたりもしたけれど、ひとつひとつの建物の記憶が少しずつ蘇ってきた。

IMG_5667

FullSizeRender

今回の旅のクライマックスでもあるシナゴーグ観光まであとひと息。

<後編>に続く!