ウクライナ・ザカルパッチャ州旅行中ウジホロド(Ужгород)でもムカチェヴォ(Мукачево)でも、どことなく既視感のある彫刻作品をよく見かけていたのだけど、調べたら予感は当たっていた。



やはり、ブダペスト・リスト・フェレンツ国際空港でも出会った彫刻家ミハイロ・コロドコ氏(Mihajlo Kolodko)の作品だった。ウジホロド(Ужгород)出身で、現在はハンガリー国内でも活動しているとのことだ。

旅行中は氏の作品を見つけるたびに写真を撮っていたので、ここでまとめてアップしようと思う。


まずは、ウジホロド(Ужгород)の街中で出会ったイグナーツ・ロシュコヴィチ像(Ignác Roskovics

FullSizeRender

この画家の像はブダペストのエトヴェシュ広場(Eötvös tér)にも同じものがあって、ブダペストの方はドナウ川の近く、ウジホロドの方はウジュ川の近くに設置されている。ちなみにハンガリー語での表記は姓・名の順番なので、ロシュコヴィチ・イグナーツ(Roskovics Ignác)となる。


ここからはミニチュア彫刻作品の数々を紹介。ウジホロド城(Ужгородський замок)の前では、プリンス・ラボレッツ像(Prince Laborets)に出会った。

FullSizeRender


ウジホロドの街中では他にも、自由の女神像(Statue of Liberty)や、

FullSizeRender

その近くにはハンガリー人画家のティヴァダル・チョントヴァーリ・コストカ像(Tivadar Csontváry Kosztka)

FullSizeRender

ハンガリー語での表記は、チョントヴァーリ・コストカ・ティヴァダル(Csontváry Kosztka Tivadar)。前にハンガリーのペーチ(Pécs)で彼の美術館に立ち寄ったことを思い出した。


そして、滞在した「ホテル・ウジホロド(Hotel Uzhgorod)」でも正面に作品を発見!

FullSizeRender

FullSizeRender

かつて「脱出王」の異名を取り、アメリカで活躍したハンガリー・ブダペスト出身の奇術師、ハリー・フーディーニ像(Harry Houdini)だった。しっかり錠前が掛けられているけど、簡単に脱出できてしまうのかもしれない。


旅行中に訪れたレストランに関しては「本宮じゅんの欧州美食探訪記」の方で紹介したいので、このブログでは省略したのだけど、「セレドニャンスキー城(Середня́нський за́мок)」を訪れたあとに立ち寄ったレストラン「キリキア(Klikia)」の入口でも発見。

IMG_3336

小さな小さな小便小僧像(Manneken-pis)。こちら公式ホームページによると、「東ヨーロッパで最初かつ最小の『小便小僧』」だそうだ。

IMG_3335

実はその時はこれは違うと思い込んでいたのだけど、ホテルに戻ってからコロドコ氏の作品であることが判明し、次の日の朝「ヴィノフラディフスキー城(Виногра́дівський замок)」に行く前に、わざわざ再び訪れて撮影したのだった。そんなことも良い思い出。


ムカチェヴォ(Мукачево)の街中ではラーコーツィ・フェレンツ2世像(II. Rákóczi Ferenc)に出会えた。

FullSizeRender

FullSizeRender


凛々しい表情が印象的だった。


あとで調べたところ、ウジホロドにもヴィノフラディフ(Виноградів)にも、コロドコ氏の作品はまだまだ数多く点在していることを知った。またいつかウクライナ・ザカルパッチャ州を旅行して、すべての作品に出会ってみたい、そう強く願っている。