ウクライナ・ザカルパッチャ州旅行の4日目は、ハンガリーとの国境の町ヴィロク(Вилок)チェトファルヴァ(Четфалва)ベネ(Бене)、そしてベレホヴェ(Берегове)へ。










「シャトー・チザイ(Chateau Chizay)」レストランワイン醸造所兼ショップにも立ち寄りながら、滞在先のウジホロド(Ужгород)へと帰路についた。






約100年前までハンガリー領に属していたザカルパッチャ州の中でも特にハンガリー系住民が多数を占める地域を巡っていて、それこそまるでハンガリーの地方都市を観光しているようだったのだけど、ウジホロドに近づくにつれて車窓の眺めが徐々に変わっていった。


ウジホロド近郊のミナイ(Минай)では、豪華絢爛な教会を目にした。

IMG_3677

FullSizeRender

こちらは、聖ペテロ&聖パウロ・ギリシャ=カトリック教会(Греко-католицька церква св. Петра і Павла)」の建物。直訳してしまったので、正式名称は違うと思われるのだけど、要はウクライナ東方教会の建物だった。

そしウジホロドに戻ると、街中には「救世主キリスト大聖堂(Храм Христа Спасителя )」が堂々と佇んでいた。

IMG_3679

IMG_3680

こちらはロシア正教会。調べてみたところ、高さは約60mもあり、内部には約5,000人の参拝者を収容できるとのことだ。


美しさに目を奪われているうちに、滞在先の「ホテル・ウジホロド(Hotel Uzhgorod)」に到着。翌日が最終日なので、荷造りに取り掛かった。