ウクライナ・ザカルパッチャ地方旅行の最初の目的地は、州庁所在地のウジホロド(Ужгород)。街の中心地には、地名の由来ともなったウジュ川が流れ、静かな雰囲気に包まれていた。

IMG_3101

IMG_3112


ふと、橋のたもとでどこかで見かけた銅像を発見。

FullSizeRender

"Ignatius Roshkovych"という人の銅像とのことだけど、どこかで見たような・・・?? その正体はすぐに明らかになったのだけど、また別の記事ということで。


この辺りは歩行者専用の広場になっていて、銅像の近くの建物はかつて劇場だったようだ。

IMG_3118


そして、広場の先には大きなシナゴーグの建物。

IMG_3119

ここは現在は、フィルハーモニー・オーケストラのコンサートホールとなっている。


シナゴーグの横には、ウジホロド子供鉄道(Ужгородська Дитяча Залізниця)の駅があった。

IMG_3127

遠目に見て、ブダペストの子供鉄道と同様に子供たちが実際に働いているのだと思われた。こちらもかつての「ピオネール」の名残りなのかもしれない。

もう少し近付いてみると、ちょうど発車するところだった。

IMG_3125

ゆっくりゆっくり進んでいく様子を見送りながら、賑やかなエリアへと足を向けた。


約100年前まではハンガリーに属していた街だからか、建物からはどことなくハンガリーらしさが伺えた。

FullSizeRender

が、目で見るものも、耳に入るものも、ほぼウクライナ語。幸い、プリペイドのSIMカードを求めて入ったお店ではなんとか英語が通じたのだが、それでもだいぶGoogle翻訳にお世話になった。


このあと街の主要観光スポットでもある「ウジホロド城(Ужгородський замок)」へと向かった。