<前編>はこちら


クロアチアの首都ザグレブ(Zagreb)で行きたかったのが、「石の門(Kamenita vrata)」とあともう2箇所。そのうちの1つが石の門からさらに坂を登ったところにある「聖マルコ教会(Crkva sv. Marka)」だった。

IMG_1612

この教会は、なんといってもカラフルなタイルで装飾された屋根が特徴。あとで知ったのだが、ハンガリーが誇る陶磁器メーカー「ジョルナイ(Zsolnay)」のタイルとのことだ。左にクロアチア、スラヴォニア、ダルマチア王国の紋章、そして右にザグレブの紋章がデザインされている。

IMG_1616

鮮やかな青空の下、一層美しく目に映った。


坂を降りて、また市場の方へ。途中大きなイースターエッグに遭遇した。

IMG_1619

クロアチアの地方の風景が描かれているものだと思われる。


そして、もう1つ訪れたかった「ザグレブ大聖堂(Zagrebačka katedrala)」 に到着。

IMG_1594

約2年前に訪れた際はまだ塔の部分の全体が改修中だったので、やっとそれらしい姿を見れた気がした。まだまだ改修中だったけど。

IMG_1625

巨大な内部もとても豪華で、洗練されたステンドグラスがキラキラを輝いていた。


教会の建物の隣には先ほど見かけたのと同じようなイースターエッグが飾られていた。

IMG_1622

IMG_1623

説明書きによると、表面に描かれているのは「クロアチア・ナイーヴアート」とのこと。そういえば、最初に見たイースターエッグの後ろがギャラリーだった。イースターに際し、このクロアチア・ナイーヴアートの誕生地でもあるコプリヴニツァ=クリジェヴツィ郡のアーティストたちとザグレブ観光局が、市民と訪問客に向けてのプレゼントして、ディスプレイしたそうだ。


サモボル (Samobor)で食べた2つのクレムシュニタ(Kremšnita)もそろそろ消化しきった(と思われる)ところで、ランチタイム。ネットで気になっていた「ビストロ・フォティッチ(Bistro Fotić)」に入った。

IMG_1646

とても可愛らしいインテリアのお店で、お料理もワインもとっても美味しかった。もちろん、追って「本宮じゅんの欧州美食探訪記」の方でも紹介しようと思う(※時期未定)。


街の中心地にはほかにもイースターのディスプレイがいろんなところにあって、家族連れやカップルたちが楽しそうに写真を撮っているのを見て、こういう時だけひとりで来たのが残念だったなって思ったりした。

IMG_1658

朝着いたばかりだけど、出発の時刻はもうすぐ。バスターミナルまでの道の途中、お土産を調達していくことにした。


続く!