<前編>はこちら


ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエヴォ(Sarajevo)の旧市街、ムラ・ムスタファ・バシェスキヤ通り(Mula Mustafe Beskije)を歩く。イスラム寺院が多い中、カトリックの大聖堂もあり、複数の宗教文化の共存を肌で感じた。

IMG_9973


街の中を走り抜けるトラム。ちょっと旧式の車体がこの街の風景にとてもよくマッチしていると思った。

IMG_9975


少し歩くと青空市場(Pijaca Markale)に到着。

IMG_9976

IMG_9977

新鮮な野菜や果物が並び、この街で日常生活を送る人々のエネルギーが伝わってくるようだった。



IMG_9982


反対側には巨大な屋内市場があって、ここでは肉類や乳製品などが売られていた。

IMG_9984


しばらくして、「永遠の炎」(Vječna vatra)というモニュメントに到着。
 
IMG_9988

第二次世界大戦およびボスニア内戦時に犠牲になった人々の慰霊の碑だという。この日はとても寒かったので、何人かがその炎のそばで暖を取っていた。


その先のイスラム寺院のそばを通ると、ちょうど礼拝の時間で、ぞろぞろと人々が集まっていた。

IMG_9992

厳かな気持ちに包まれたところで、
<後編>に続く!