ボスニア・ヘルツェゴヴィナ南部、モスタル(Mostar)の旧市街で朝を迎えた。夜明けごろに窓の外に響き渡る「アザーン」の美声で一旦目が覚めたのだが、朝食が8時からだったのでそのまま二度寝。それにしても「アザーン」、人生で初めて聞いた。

FullSizeRender

と思っていたら、7時頃にどこからともなく鐘の音。おそらくキリスト教教会のものだと思われる。起きてバルコニーに出ると、数多くのモスクおよびミナレット(尖塔)が見えて、さまざまな文化の融合を感じた。


地上階のレストランで朝ごはん。

IMG_9822

この手前のシロップたっぷりの甘い焼き菓子がとっても美味しかった。

FullSizeRender

あとで調べたところ、「フルマシツァ(Hurmašica)」というらしい。


一旦チェックアウトして、目と鼻の先にある「スターリ・モスト(Stari Most)」へ。

IMG_9831

IMG_9833

朝の景色も美しかった。下を流れるネレトヴァ川(Neretva)もエメラルドグリーンに近い綺麗な色をしていた。

IMG_9832

向こうに見える白いミナレットの上に登れるとのことなので、そこまで向かうことにした。


そのミナレットがあるのは、「コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ(Koski Mehmed Pasina dzamila)」というモスク。モスクの内部と外のテラスを見学できるチケットを購入し、中に入った。

IMG_9844


そしてミナレット内の長い螺旋階段を登り、展望台へ。そこからのパノラマビューは最高で、スターリ・モストもはっきり見えた。

FullSizeRender

IMG_9849

まるで絵葉書のような写真を何枚も撮れた。


昨夜は暗くてよくわからなかったのだけど、旧市街はお土産物屋さんが軒を並べていて、日が高くなるにつれてだんだん賑わってきた。

IMG_9891

もう少し離れたところまで歩いてまわることにした。


<後編>に続く。