久々に自宅に友人たちを招待してワインパーティー、ということで完全に手抜きながらもおつまみを用意した。

IMG_9724

カラフルなのでゴージャスな見た目になってしまっているのだけど、この中で唯一手をかけて作ったものといえば写真奥の豚の角煮。あとはキュウリ、パプリカ、セロリ、ニンジンを切って野菜スティックにしただけ。左からナンプラーとマヨネーズを混ぜたソース、真ん中にゴマとマヨネーズを混ぜたソース、そして右に「めヨネーズ」をそのまま並べただけ(※ちなみに「めヨネーズ」が一番大人気だった)。さらに友人がブダペストのフィッシュ&チップスの名店「ネモ(NEMO)」でいろいろと買ってきてくれたので、完全に手抜きながらもなかなか充実した取り揃えとなった。


そして、ハンガリーだけでなく隣国ルーマニアやスロヴァキアのワインも集結。一番左のトカイ地方のマード(MÁD)の白ワインから始まり、以前そのワインをプレゼントしてくれた友人が到着するまでには次のワインに進んでしまっていた。ごめん。

IMG_9723


クライマックスは、ハンガリー南部ヴィラーニ(Villány)の「ゲレ・アッティラ(Gere Attila)」の希少な赤ワイン。

IMG_9708

私が普段飲んでいるワインの12倍くらいの価格とのことあって、この上ない上品かつ深みのある味わいだった。至福のひととき。


友人たちからは、お手製の唐揚げ(※写真撮れず)やお手製の抹茶ケーキや、

IMG_9725

ブダペスト2区の「マカロン・ヘブン(Macaron Heaven)」のマカロンなどデザートの差し入れもいただいた。

IMG_9726

いずれも大人気であっという間になくなってしまい、どうにか最後の1個を確保できた。


結局8人くらいで6〜7本のボトルを開け(※正確な数値は不明)、全員を送り出したあとにソファの上で撃沈。今回もやはり盛大に飲みつぶれてしまった。