ブダペストでの生活でもスマホゲーム「ポケモンGO(Pokémon GO)」を細々と、いや、かなり真剣に続けている。1月12日の土曜日もハンガリーではゲーム内で「コミュニティ・デイ」という特定のポケモンが大量発生するイベントが開催された。


というわけで、「ブダペストのポケモンGOの聖地」とも(あくまで私の周りの一部だけで)言われている市民公園(Városliget)へ。

IMG_9318

この日の主役は「ワニノコ」。まだ雪が残る白い景色の中、友人とも合流しつつ、黙々と獲得に励んだ。


このゲームをしていて面白いなって思うのは、普段の生活で近所でもゲーム仲間ができたりしていて、素性も本名も連絡先も知らず、ゲームの中でのユーザーネームしか知らないのだけど、バッタリ遭った時には一緒にプレイしたりして、私自身にとってとても効果的なハンガリー語の会話の練習になっていることだ。実際「ポケモンGO(Pokémon GO)」に関連したことしか話さないとしても、それでも貴重な経験なのだ。


というわけで、2019年も変わらずポケ活に励む所存だ。いっぱい歩く分、ダイエット効果もあるといいのだけどね。