日本から友人がヨーロッパ旅行を兼ねてブダペストまで遊びに来てくれたので、この日は主要観光名所をご案内。まずはブダ側の王宮の丘を歩いた。
それにしても、6月下旬となって観光客が一段を増えた気がする。王宮の丘のふもとの大通りには十数台の大型バスが列を成していて大渋滞だった。道路がそうなっているってことは、バス専用の駐車場は満車なんだろうな。


まずはマーチャーシュ教会(Mátyás-templom)

FullSizeRender

近付くとカメラ横向きで全景写真を撮れないので、これくらいの距離から撮影。ちなみに左に見えるレストランはイングランドの有名シェフ、ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)のレストランだ。


1分ほど歩いて、漁夫の砦(Halászbástya)に到着。

FullSizeRender

既に観光客でいっぱいだった。


漁夫の砦からの眺めは最高。ドナウ川の対岸の国会議事堂(Országház)がくっきり見える。

FullSizeRender


そのままブダ王宮(Budavár)に向かう途中、凛々しい騎馬隊に遭遇。

FullSizeRender

この写真の左側の白い建物が大統領府なので、てっきり護衛しているのかと思っていたのだけど、もしかしたら観光用なのかもしれない。


ブダ王宮からまたペシュト側を眺めると、ドナウ川に円錐状のポールが浮かんでいるのが見えた。

IMG_5898

おそらくこの週末に開催予定の「レッドブル・エアレース(Redbull Air Race)」に関連するものなのだろうと思ったら、やっぱりその通りだった。


そしてこちらがブダ王宮

IMG_5899

ここから麓のクラーク・アダム広場(Clark Ádám tér)まで歩きながら下った。


短時間ながら見どころ満載の王宮の丘。観光客目線で歩いてみると、どうしてこんなにもブダペストが人気なのか、身をもって感じることができた。