<前編>はこちら。

ブレッド湖の湖畔の「ザ・パーク・カフェ」(The Park Café)でひと休みした後は、崖の上のブレッド城(Blejski grad)に行くことにした。車はアパートメントに置いてきてしまっていたので、ツーリストインフォメーションの隣にあったタクシー会社にお願いして、タクシーで城の近くへ。
 
IMG_5117

結構上の方まで登るので、麓から徒歩で行くっていうのは、あまり現実的で無さそうだった。あと、駐車場がとても混んでいたので、やはりアパートメントに戻らずタクシーをお願いして正解だった。


城の入口には各国語で注意書き。

FullSizeRender

スロヴェニア語、英語の次に日本語も記載されているのだけど、最後「ご不便をお」で文章が終わってしまっていた。まあ意味はわかるものの、とても残念だ。どうしてこうも残念な日本語が多いのだろうか。


で、さらに残念だったのは、注意書きにもあったように、改修中の箇所が多かった。

IMG_5121

なので、見学できる箇所をとことん見て回った。


お城の中は博物館のようになっていた。

IMG_5123

こちらはかつて使われていたというトイレ。

IMG_5127

観光客たちが入れ替わり立ち替わり、中に入った自分の写真を撮影していた。


中には礼拝堂もあった。

IMG_5130
天井画がとても綺麗だった。


窓の外にはブレッド湖が見えた。

IMG_5126


お城の外では、スイスから来たというホルン奏者のミニコンサート。

FullSizeRender


地下には鍛治職人による作品の展示、およびショップがあった。

IMG_5132


こちらは入口近くにあった城壁。
 
IMG_5138


小さな要塞の中にも展示があった。こういう窓って好き。

IMG_5139


ひと通り見学したので、またタクシーで麓の湖畔へ。一旦ランチタイムにしてから、また湖畔を散歩した。
ふと見ると、カルガモの親子を発見。

FullSizeRender

親鳥が移動し始めると、ちゃんと子どもたちも付いて行っている様子がとてもかわいらしかった。

FullSizeRender


そしてこの日も夕方から夜にかけてゲリラ豪雨。天気が崩れないうちに観光を済ませることができてよかった。


予想していたよりも、見所が満載だったスロヴェニア。今度はリュブリャナやマリボルにも足を運んでみたい。