リュブリャナ(Ljubljana)をあとにして、なんとかブレッド(Bled)に到着。でも到着早々ひどい暴風雨の上に雹(ひょう)まで降ってきて、もう散々な天気だった。なので、この日はもう観光は諦めて、スーパーで食材を買い込んでからはアパートメントにこもることにした。


アパートメントからは夕焼けが見えた。厚い雲と眩しい夕日のせいで、この時はよく見えなかったのだけど、

IMG_5029

翌朝になると、昨日の暴風雨がウソのようなお天気。そして、窓からブレッド湖(Blejsko jezero)ブレッド城(Blejski grad)が見えることに気づいた。

IMG_5044


早々と朝食を済ませて、まずは湖畔をお散歩。

IMG_5049

湖の中の小島ブレッド島(Blejski Otok)にある聖母被昇天協会(Cerkev Marijinega Vnebovzetja)が、湖面を線に線対称に見える景色がとても美しい。

FullSizeRender


乗り合いボートに乗って、島まで行ってみることにした。往復でひとり14ユーロ。

IMG_5057

中国人観光客も多い中、同情したのはスロヴェニア人観光客グループ。英語を話せるガイドさんを通じて、話が盛り上がった。


島が近づくにつれて、ますます美しい景色に。
 
FullSizeRender


ボートから降りて、島内を観光。50分後に乗ってきたボートの前で待ち合わせをし、乗船時に代金を支払うというシステムになっていた。

IMG_5100

↑この階段は上らず、島を取り囲むような通路をゆっくり歩きながら景色を楽しんだ。


そして、丘の上に到着。まずは鐘楼に登ってみた。上りの階段では踊り場ごとに「時」にまつわる豆知識が貼られていて飽きなかった。

IMG_5065

IMG_5066

IMG_5068


てっぺんにたどり着くと、隣にある教会の鐘楼が見えた。

IMG_5072


そして下りの階段では、聖書の引用。

IMG_5073


教会の内部はたまたま空いていたので、ゆっくりと鐘を鳴らすことができた。

IMG_5098

この鐘を3回鳴らすと、幸せがやってくるとか。うん、これでもっと幸せになれるはず。


50分はあっという間で、またボート乗り場へ。代金を支払うと、チケットがわりのリーフレットを手渡された。
IMG_5101

その裏には、各国語で「ブレッドよりご挨拶」という意味の言葉が記載されているのだけど、日本語だけスロヴェニア語をそのままカタカナにした様子だった。しかも正しい読み方の表記は「ポズドゥラフ・ズ・ブレダ」のはず。なんだか残念だ。どうにか直らないものなのかな。


いっぱい歩いたので、一旦ここで湖畔の「ザ ・パーク・カフェ」(The Park Café)でひと休みすることにした。

IMG_5105

名物の「オリギナルナ・ブレイスカ・クレムナ・レジーナ(Originalna blejska kremna rezina)」を満喫。その詳細は、「本宮じゅんの欧州美食探訪記」でどうぞ。



<後編>に続く!