バラトン湖の南岸のフォニョード(Fonyód)で1泊した翌朝は、もう1人の同行者とも合流して、車で一路スロヴェニアへ。
国境を越えて最初のガソリンスタンドで、スロヴェニア国内の高速券を購入した。

IMG_4786

それから車で数時間、アドリア海沿岸の街コペル(Koper)に到着した。予約していたホテルの前には多くの小型船が停泊していた。

FullSizeRender

海を見たのは、1月のバルセロナ以来。海に面していないハンガリー住んでいると、とても貴重な体験なのだ。


近くには市場があって、ちょうどイチゴの季節。

IMG_4801


市場の建物の地上階には飲食店が並び、潮の香りとシーフードを焼く匂いが混ざった匂いが一帯に立ち込めていた。建物の2階にある「Taverna Polc」にてランチタイム。

FullSizeRender

写真はシーフードの盛り合わせの1人分。このほかにもいろいろと注文したので、さすがにお腹いっぱいになった。


先ほどまでのお天気から一転、雨が激しくなってきたので一旦ホテルで休んだ後、再び旧市街を散策。

IMG_4834

こういう細い小路の景色が結構好きだったりする。


小高い位置から港を望むと、巨大な豪華客船がちょうど出港するところだった。

IMG_4848

こんなに巨大な船を初めて見たかもしれない。故郷の横浜港でもベイブリッジの影響なのか、ここまで高さのある客船を目にしたことがなかった。


客船が遠ざかると、港の様子がわかりやすく見えた。

IMG_4852


また歩き出したところで、ここがベルベデル要塞(Bastion Belveder)ということを知る。

IMG_4862


旧市街のシンボルのひとつ、聖母被昇天教会(Stolnica Marijinega vnebovzetja)

IMG_4842

高い塔が存在感あった。


旧市街は、歩いているだけで独特の景色が目に入るのが面白かった。

IMG_4868


ホテルに戻ってからも、窓の向こうの夕景の美しさに心を奪われた。

IMG_4878

観光地としてはもしかしたらちょっと物足りないかもしれない。それでも私にとっては、街中にあふれるこの穏やかな空気と、潮の香りが堪らなかった。


そうそう、コペルにはワイナリーもあるという。今回行きそびれてしまったのだけど、また訪れる楽しみもできた。