まだ11月だけど、ブダペストの街はすっかりクリスマスモード。中心地のヴェレシュマルティ広場(Vörösmarty tér)でも、クリスマスマーケット「カラーチョニ・ヴァーシャール(Karácsonyi Vásár)」が始まった。
(※去年のブログ記事はこちら



少し出遅れちゃったけど、さっそく友人と訪問。地下鉄の出口を待ち合わせ場所にしたら、"BUDAPEST"と大きな文字が並んでいた。


最近ハンガリーのいろんな街で、こういった街の名前のロゴのオブジェをよく見かける。SNS向けなのかな。


広場の中心には、今年もフードコートのテラス。美味しそうな匂いが漂ってくる。


さっそくホットワインを1杯。


ハンガリー語では「フォラルト・ボル(forralt bor)」という。フルーツやシナモンが効いていて、体の芯から温まった。



ひと通り出店ブースを巡ってからランチタイム。


大好物の「テルテット・カーポスタ(töltött káposzta)」にした。ハンガリーの代表的料理のひとつのロールキャベツだ。


本当は「トーチュニ(tócsni)」もものすごく気になっていたのだけど、それは次回のお楽しみに。


食べた後、ホットワインをもう1杯。


こちらはカップのデザインがかわいかった。今度はお土産代わりに陶器のカップにしてみようかな。


広場には大きなクリスマスツリーも。


インスタグラム用の看板があったので、友人と一緒に撮影。良い思い出となった。


ツリーの下には木でできたトナカイたち。


なんかみんな楽しそうだ。


クリスマスが終わってからも12月31日までずっと開催しているので、また何回か訪れようと思う。