ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2020年07月

約5ヶ月ぶりくらいに、実父と再会した。個人的にはまだまだ「不要・不急」の外出は控えているのだが、さすがに「要・急」のやむをえない用事が重なったのだから、いたしかたない。

会っていない間も実父は1〜2週間に一度は「頭の体操」メールを送ってきてくれていて、

それをきっかけに近況報告などはしていたのだけど、実際直接会ってみて、あまり変わっていなかったので安心した。腰の不調で通院しているものの、もう80歳近いというのにますますエネルギッシュだ。そして、おそらくそのDNAは私にも色濃く受け継がれているのだろう。


実家の庭に群生している大葉と、釣果だというイシダイなどなどを差し入れてくれた。

FullSizeRender

イシダイはお刺身にして、夕食の一品に。アラの部分は冷凍して、後日煮付けにすることにした。


あ、5月の誕生日にレターパックで送ったプレゼント、その後の使い心地がどうなのか聞くのをすっかり忘れていた。
夏が終わる頃には、また気軽に会いに行けるようになるといいのだけど。

ドイツ留学時代ハンガリー生活時代も、割と近くに住んでいたはずなのに、どういうわけか結局ポーランドを訪れることはなかった。あ、正確に言うと一時帰国でLOTポーランド航空を利用した際に、トランジットでワルシャワ・ショパン空港に降り立ったことはあった。でも往復ともにほんの1時間ほどしかなくて、乗り換えゲートにたどり着くので精一杯だったから、免税店もゆっくり見れなかったし、ポーランドらしい経験はまったくできなかった。
なので、ポーランドについては、ズブロッカ(Żubrówka)のことしか語れない。

自宅で飲むアルコールは、ウイスキーかワイン、時々ビールか日本酒なのだけど、ちょっと気分を変えたい時用にポーランド名物のフレーバードウオッカであるズブロッカを常備している。

FullSizeRender

ちなみに近所のスーパーで普通に売っていて、ちょうどオリジナルのショットグラス付きのボトルを購入したのだった。

写真ではわかりにくくなってしまっているのだけど、ボトルの中にはバイソングラスの葉が1本漬けられていて、これが味も香りもまるで桜餅そのものなのだ。少し口に含んでから、鼻に爽やかに抜けていくその風味がなんともたまらない。

ラベルに描かれたバイソンのように、飲んだあとはどことなくエネルギーが満ち溢れてくる気がする。ともあれ、飲み過ぎには要注意だ。

今年の3月くらいから、いや、2月くらいから外出したとしてもほとんど自宅付近エリアから出ていなかったので、ちょっとした用事で上野に着いたとき、なんだかすっごく久しぶりに都会にやってきた気がした。林立する商業ビル群を目にしてつい圧倒されてしまった。私、実は田舎者だったのかもしれない。

IMG_8679

「意識が変われば行動が変わり、行動が変われば生活が変わる」なんてようなことを前に聞いたことがあったのだけど、その逆もありえるな。生活が変わったから行動が変わって、行動が変わったから意識も変わったのだ。どちらかというと自分はアクティブで外交的な人間だと思い込んでいたのだけど、ここ数ヶ月ですっかりパッシブで内向的な方向に向いてしまったようだ。本当の自分はどちらなんだろう?

用事を済ませ、お昼は上野公園のふもとにある「蓬莱閣」へ。ふと振り返ると、去年のクリスマス以来の約7ヶ月ぶりの訪問となった。そういえば、「ブダペスト展」も結局行きそびれてしまったんだよね。

FullSizeRender

さっそくハイボールを注文したら、お通しに豚の煮凝り料理が付いてきた。なんだかハンガリー料理の「ディスノーシャイト(disznóssajt)」を思い出した。

 大好きな餃子は、生餃子のままお持ち帰り。まだまだしばらくは自宅中心の生活が続く。

先日バーベキューしたばかりだけど、この日もベランダでバーベキュー。自宅からあまり出かけられない毎日なので、これくらいしか楽しみがない。

FullSizeRender

前回と同様、アイヴァル(Ajvar)とともに味わいながら、今回はハンガリー土産の辛パプリカペースト「エレーシュ・ピシュタ(Erős Pista)」も添えてみた。

「エレーシュ(erős)」はハンガリー語で「強い」「力強い」、そして「辛い(からい)」の意味があって、「ピシュタ(Pista)」は男性名「イシュトヴァーン(István)」の愛称で、つまりは「力強いピシュタ」という意味の商品名である。あと、「辛い(からい)ピシュタ」と日本語で訳してしまうとちょっと違和感があるけれども、実際は「力強い」と「辛い(からい)」の両方の意味をかけているのだと思われる。

チューブ外装には、「小さなチューブの中にジャイアントなパワー」と書いてある。そのコピーの通り、ちょっとの量だけでも辛い。でもただ辛いだけではなくて、じわじわとパプリカの味がする。アイヴァル(Ajvar)にちょっと混ぜても美味しい。

IMG_8610

いっぱいエネルギーチャージして、なんとかこの7月を乗り切りたい。

↑このページのトップヘ