ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2018年04月

日曜日はブダ側のミレナーリシュ(Millenáris)という公園で開催されている、「インターナショナル・ブック・フェスティバル・ブダペスト(Budapesti Nemzetközi Könyvfestivál)」に足を運んでみた。


IMG_4118


今年でなんと25回目とのこと。会場内は老若男女でかなり賑わっていた。

IMG_4119

IMG_4127


各ブースでは人気作家のサイン会も開催されていて、こちらにも長蛇の列。

IMG_4126

一方で、その向こうの中国のブースはといえば、

IMG_4124

本棚はガラガラ、人もガラガラ、スタッフもとーってもヒマそうに見えた。まあなんとなく、ブースがあるという事実が大切なんだろうなぁって感じた。「インターナショナル」だしね。日本のブースはなかったけどね。


それにしても、外はとてもいい天気。最高気温は29℃にもなり、現時点で今年で一番暑い日となった。

IMG_4129

なんだか一足早い夏休みのような日曜日。既に半袖&サングラスが必須アイテムとなっている。

ブダ側のゲステニェーシュ公園(Gesztenyés-kert)で毎週土曜日に開催されている「ビオ・ピアツ(BIO PIAC)」という有機食品マーケットに、久しぶりに足を運んでみた。

IMG_4113


お出かけしないともったいないくらいの青空。到着したのはクローズ間際でちらほら閉め始めているお店もあったのだけど、まだまだ多くのお客さんで賑わっていた。

IMG_4115


いくつかのお店をまわって、卵とメドヴェハジマ(medvehagyma)とズッキーニを購入。

FullSizeRender

卵は1個88フォリントで、市場で買う価格の約2倍だった。それだけ手間暇かけて育てられているということね。


帰宅してからメドヴェハジマ(medvehagyma)の葉を洗ったところ、小さな虫が4匹くらいくっ付いていた。一瞬ギョッとしてしまったけれども、有機栽培ってそういうことだものね。 虫たちはそっと外に逃がしてあげた。


口にするもの全てを有機食品にっていうのはなかなか難しいけれど、 ちょっとずつうまく取り入れていきたいと思っている。

最高気温か25℃以上の日が続き、あまりに気持ち良い天気だったので、バスを英雄広場(Hősök tere)で途中下車して、次の予定まで市民公園(Városliget)を散歩することにした。

IMG_4108


平日にも関わらず、相変わらず観光客でいっぱいだった。そして、街中では運行が禁止された「ビアバイク」も公園内では通常運転だった。

FullSizeRender

大音量のBGMの中、ジョッキ片手に大きな声で盛り上がっているお兄ちゃんたちがとても楽しそうで、仲間に入れてもらいたくなってしまった。でも私だったらペダル漕ぐかビール飲むかのどちらかになってしまって、全然戦力にならないだろうな。


レヘル市場(Lehel Csarnok)でメドヴェハジマ(medvehagyma)を買ったら、お花の蕾も混ざっていた。

IMG_4091

そういえば、メドヴェハジマって花を咲かせる前までが食べ頃だってどこかで聞いた気がする。どこでだったっけ?って思い出す間も無く、ふとまた翌日見ると、白く可愛らしい花を咲かせていた。

FullSizeRender


友人に聞いてみたら、一応花も食べられるらしい。でも綺麗だから、そのまま咲かせたままにしている。それと、花を咲かせているものは葉っぱが固くなっているから早く食べた方が良いとのことだったので、葉っぱだけさっさと食べ切った。


市場での価格もだいぶ安くなった。このまま白アスパラガスの季節へと移行するってことなのかな。

 

王宮の丘のウィーン門(Bécs kapu)のあたりを散歩していたら、その脇に美しいピンク色の花が咲いていた。

IMG_4060

その木の下には、"BELGRÁD"と刻まれた石碑。ハンガリー語で「ベオグラード」の意味だ。

IMG_4061


よく見ると、このあたり一帯それぞれの木の下に、ヨーロッパの各都市の名が刻まれた石碑が置かれてる。あとで調べてみたところ「ヨーロッパ公園(EURÓPA LIGET)」という公園だった。

IMG_4063


木の種類もそれぞれ違うのかな。

IMG_4065


そして、また「ベオグラード」の木の方に戻ると、門の脇にはこんな標識。

IMG_4058

ハンガリー各地で道路標識などで見かけるこの文字は、「ロヴァーシュ文字(rovásírás)」という。ネットで検索して解読してみたところ、“BUDAVÁR”、つまり「ブダ城」のことだった。ちなみに文字は右から左に読む。


初見で解読できるようになったら面白いだろうな。

↑このページのトップヘ