ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2017年09月

NHKラジオ第1/NHKワールド・ラジオ日本「ちきゅうラジオ」に生出演することになりました。
放送時間は、2017年9月24日(日)日本時間午後6時5分〜6時50分です。



初めての生出演なので、今からドキドキしています。
ちなみに聴き逃しても、公式ホームページで過去放送分が聴けるみたいです。日本以外の国でも聴けるのが嬉しいですね。
というわけで、日本のみなさまも世界のみなさまも、ぜひぜひ聴いてくださいね!

ブダペスト地下鉄3号線といえば、青い車輌。ブダペストに観光に来る友人たちは皆、エスカレーターの速さ、モスクワ製の車体、ドアが閉まる速さ、その3つに感激と驚愕を兼ね合わせたリアクションをしていたが、それはとても自然な反応だと思う。


そんな地下鉄3号線で、だいぶ前から「リノベーション」車輌が走っているということは耳にしていた。別に新型車輌というわけではない。モスクワ製の元々の車体をモスクワに運び、その名の通り「リノベーション」 して、またブダペストに運び、線路を走っているのだという。


その車輌はとっくに導入されていて、その間地下鉄3号線には何度も乗っていたのだけど、今日フェレンツィエク広場駅(Ferenciek tere)から乗ろうとしたら、ホームに「リノベーション」した車輌が停まっていたのを初めて見た。


なので、そのまま乗り込んだ。

やはり、「リノベーション」しただけあって、中はピッカピカだった。白を基調にイメージカラーともいえる青が配色され、液晶ディスプレイもある。


うっかり見とれていたら、逆方向に乗っていることに気づいた。
で、外から改めて車体を見てみたら、白と黒に塗られていながらも、やはり形そのものは元々のものと同じ
中はあれだけ綺麗になったからといって、外側の色までわざわざ変えることもなかったんじゃないかなって思うのは、私だけなのだろうか。

9月20日から24日まで、ブダペストにて「ハンガリー農業・食品産業見本市(OMÉK)」が開催。日本がテーマのパビリオンもあるとのことなので、2日目の21日に足を運んでみた。
 



初日を外したし平日だから、と甘く見ていたのだが、予想以上に大盛況だった。
 



和牛の試食もできたみたいなのだけど、あまりの混雑に自粛。


ブースの隣の通路で突然、ハンガリーの民族ダンスが始まった。



和牛のブースと日本酒のブースに囲まれながら繰り広げられる、陽気な音楽とダンス。


ケチケメート(Kecskemét)に工場を置く日清食品のブースも大盛況。



ここでは、CUP NOODLESの試食ができたらしい。日清食品は2017年7月に新工場を竣工したばかり。これからハンガリーのみならず、ヨーロッパの人々にますます愛されることだろう。


私はというと、白鶴酒造の山田錦の試飲と、 



AJINOMOTOの餃子の試食を楽しんだりした。



久しぶりの焼き餃子とのご対面。一口ずつ大切にいただいた。自分で作ればいいんだけどね。なかなかそうもいかないもんね。


お寿司やラーメンだけでない日本の美味しさが、ハンガリーにもどんどん広まってほしいと思う。

自然派&無添加石鹸AROMATICIA(アロマティシア)さんのページでの連載コラムも13回目
今回のタイトルは、「アイスクリームのある生活」だ。



今年の夏はとっても暑かったので、何度も街中のアイスクリーム屋さんの誘惑に負け続けてしまった。甘みを抑えたフレーバーもあって、余計にハマってしまったんだよね。


最近は毎日雨が降ったり風が強かったり、暑かった夏がウソのようなお天気。秋を通り越して冬が来ちゃう前に、もう少しだけアイスクリームを堪能しておこうと思う。 

ブダペスト2区にある、ホテル・ブダペスト(Hotel Budapest)



このシンプルな円柱の建物を見る度に、よく似た建物のことを思い出す。
新横浜プリンスホテルの建物、ドイツのイエナ(Jena)のイェンタワー(JenTower)


他にもありそうだな。

↑このページのトップヘ