旅行中一旦ブダペストに戻ってから、途中ケチケメートに立ち寄って、セルビアに向かうべくさらに南へ。その途中でセゲド(Szeged)のレストラン「Fehértói Halászcsárda és Panzió」でランチタイムにした。


実はこのお店、前にも何回か来たことがあって、その度に名物の魚のスープ「ハラースレー(halászlé)」を堪能している。


天気が良くて、今回もテラス席へ。



本来ここの料理にはロゼワインか白ワインがぴったりとのことだけど、なんとなく気分でビールを注文。



鯉と鯰の「ハラースレー(halászlé)」。魚の出汁とパプリカの組み合わせが絶妙な味わいだった。


ここでもうひとつよく注文するのが、魚の脂身のフライ「ハルテペルテー(haltepertő)」


オニオンリングもサクサクで美味しかった。フライだけど、お魚とタマネギなので、食べ過ぎてもなんとなく罪悪感が薄い。


魚料理だけでなく、ハンガリー名物「ツィガニーペチェニェ(cigánypecsenye)」という豚肉のローストも。



建物の正面だけでなく、横にも大きな大きな鍋が鎮座していた。


大人数でのパーティーで大活躍するんだろうな。みんなで食べると一段と美味しいしね。



「Fehértói Halászcsárda és Panzió」
所:6728 Szeged, Budapesti út 41. Hungary
TEL:+36-62-555-960