セルビアの首都ベオグラード(Beograd)を訪れた後は、再びハンガリーへ。国境にも近いセゲド(Szeged)にたどり着いた。


街の中心地の入口のような英雄の門(Hősök kapuja)


建物の地上階部分がトンネルになっていて、絵が描かれている。


中心地に行く前に、ティサ川(Tisza)のほとりへ。


カゲロウのモニュメント。


そういえば6月は行きそびれてしまったなぁ。




ちょうど「プラカードのアート展」の展示があって、見どころたっぷりだった。


セーチェニ広場(Széchenyi tér)に出て、少しお散歩。市庁舎の建物も相変わらず綺麗だ。



街中にはセルビア正教会の建物もある。



そしてその隣には、街のシンボル的存在誓約教会(Fogadalmi templom)


ちょうどワインフェスティバルの設営をしていた。それまでにはブダペストに戻るので、タイミングが合わなくて残念だった。


旅もいよいよ終盤。なんだかあっという間だったなぁ。