ここ数週間、真上の階がリノベーション工事中のようだった。というのも、ドリル音(たまに轟音)が聞こえる日が続いていたのだ。さすがに土日はやってないみたいだったけれど、平日夜にそれが聞こえる日もあって、もし大事な電話をしなければならない時にはその際に直接話そうかと思っていた。


そんなある日、共同ゴミ捨て場でとても綺麗な女性に会って挨拶をしたところ、上の階の住人とのことだった。「いつもうるさくしちゃってごめんなさいね」と話しかけてくれた。「今のところは問題ないから大丈夫です」って答えておいた。リノベーション工事はその次の週には終わるとのことだった。


またある日、帰宅時にポストの中を見たら、小さな包みが入っていた。



「お部屋のリノベーション工事中は我慢してくれてありがとう(※やや直訳)」というメッセージと上の階の住人家族全員の名前が書いてあり、中にはチョコレートが2つ入っていた。それを見て、少し前からドリル音が聞こえなくなっていたことに気づいた。


結局ドリル音にはそこまで悩まされいたわけではなかったのだけど、こうした心遣いがやっぱりなんだか嬉しかった。