ブダペストから北西に約40kmのエステルゴムに向かう途中、


これでもか!ってくらい、「SUZUKI」と書かれた方向標識を見かける。




「Dobogókő」は左、「SUZUKI」は右。



トラックも乗用車も「SUZUKI」は右。


この標識、鈴木さんの家の方向というわけではなくて、日本の自動車メーカースズキのハンガリー拠点「マジャールスズキ(MAGYAR SUZUKI)」の工場の方向ということ。冷戦時代ソ連の支配下でダンプカーしか製造することができなかったハンガリーに、 体制変換後の1991年西側諸国に先駆けて大衆車の生産拠点を構えたのがスズキ確かにハンガリーではスズキの車をよく見かける。


遠く離れたハンガリーにいながら、日本の風を感じた気がした。