ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2016年7月末よりハンガリーのブダペスト(=ドナウの東)で生活し、2019年8月末より東京(=遥かもっと東)へ。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

2月にハンガリーに滞在していた時、ブダペスト郊外の街センテンドレ(Szentendre)まで足を伸ばしてみた。


センテンドレ(Szentendre)の名は「聖アンドレ(St.Andrew)に由来しているという。 旧くからセルビア人が入植しており、中心地の至るところにセルビア正教会を見かけた。また、芸術家の街でもあり、博物館や画廊も多く点在しているそうだ。


せっかくなので、ランチはセルビア料理のレストラン「Corner Panzió Étterem」へ。セルビアの国旗が掲げられているのですぐわかった。ちなみに「パンズィオー(Panzió)」というのは「ペンション、宿泊所」の意味で、つまりはここで宿泊もできる。




店内に入ると、壁に世界各国の紙幣がずらりと貼られていた。どれも小額紙幣と思われるが、残念ながら日本の紙幣は見つけることができなかった。ま、例え千円札だって高額紙幣になるわけだから、もしかしたら天井近くの高いところにはあったのかもしれないね。




まずは「Serbian Csorba」というスープから。900HUF。


ニンジンなどの野菜やチキンなど、ゴロゴロ入ったスープで、味付けはおそらくサワークリーム。でもこってりしていなくてさらっとした口当たりだった。


他にもサラダなどちょこちょこ注文して、メインはどどーんとお肉料理のプレート「Extra large Serbian mixed plate」(※英語メニューだったので名前がそのまま)、8,900HUF。


香辛料たっぷりのソーセージやフライなどが盛りだくさん。添えてあるディップやオニオンスライスと一緒に思う存分に堪能。このプレートでだいたい3人分くらいの量らしいのだけど、5人でいただいた。
あ、だからもちろんひとりで全部食べたわけじゃないよ〜!(笑)

ハンガリーに行ったらきっと滅多に食べられなくなるんだろうという予感がしている食べ物のひとつに、「どら焼き」がある。

でもよくよく考えてみたら、自分で作ってみればいいんだよね。醤油とみりんと餡子があれば、他の材料はハンガリーでも手に入りそうだし。ハチミツはハンガリーも原産国だ。


写真はかつて、製菓学校(※通信課程)での授業で作ったどら焼き。パンや洋菓子だけではなく、和菓子製作の授業もあったのだ。ホットプレートではなく、和菓子屋さんにありそうな本格的な器具を使い、銅の鍋で餡子作りから始め、生地作り、焼き上げ、餡子挟みと一連の製作工程を経験した。楽しくて楽しくてついついいっぱい焼いてしまい、不揃いなものばかり作ってしまったのも思い出だ。


ハンガリーの人々にも、ぜひどら焼きの魅力を知ってほしい。
そういう機会があるといいな。

日暮里の「串まる」で飲んでいたら、「ガリガリ君サワー 360円」なるものを発見したので、さっそく注文した。


サワーの中にガリガリ君が入っているのは、上野や浅草の飲み屋では良く見かける気がする。ガリガリ君そのものがソーダ味なので、氷もいらない。この暑い季節にはぴったりな取り合わせだ。


当たるかな?って期待していたのだけど、残念ながらハズレだった。当たったらもう一杯になるのかどうかは、当たってから確認することにしよう。

↑このページのトップヘ