ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2016年7月末よりハンガリーのブダペスト(=ドナウの東)で生活し、2019年8月末より東京(=遥かもっと東)へ。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

「ハーブに囲まれた暮らし」に憧れて、ベランダ菜園を始めてから約3週間。日当たりがよいこともあって、特にイタリアンパセリがとにかくぐんぐん育ってきたので、思い切ってたっぷり収穫してきた。

FullSizeRender

おかげで苗の方は若干寂しい感じになってしまったのだけど、新芽も多いのでこれからの成長に期待できる。

そして、前回よりもイタリアンパセリ率を格段に高めてドライカレーを作成。

IMG_7977

カレーの中に入っているのは全然見えなくなってしまったものの、今回もしっかり味のアクセントになってくれた。

ちなみにローズマリーの方は料理に使いすぎて小さくなってしまったので、しばらく成長待ち。ニラも無事に芽が出てきて、もう少ししたら料理に使えるようになるかもしれない。

そして、プランターでニラの隣が空いているので、今度は水菜の種を撒いてみた。そのうち別のプランターめバジルも育てる予定だ。
そうそう、ずっとこういう暮らしがしたかったのだ。

かねてより憧れていた「ハーブに囲まれた暮らし」を実現すべく、ベランダにプランターを設置して5種の苗を育て始めて数日後。だいぶ育ってきたので、自宅での料理にどんどん活用していくことにした。まずは最近また作り始めたドライカレーにも。

FullSizeRender

↑の写真ではわかりにくいけれど、中にもたっぷりとイタリアンパセリを刻んで入れている。
でもやっぱりこれだとわかりにくいので、わかりやすく盛り付け時にもトッピング。

IMG_7832 
太陽の光をたっぷり浴びたイタリアンパセリ、しっかりと味のアクセントになってくれた。

そして、ローズマリー塩麹とともに牛肉に漬け込んで、翌日にステーキに。

IMG_7851

しっかり風味が感じられて、美味しくて、食べながらとても幸せな気持ちになったのだった。

ほかの苗も今のところ順調に生育中。日に日に成長していく様子をとても愛おしく思う。

今までの人生の中でコレクションをしたものといえば、ドコモダケグッズ調理器具くらいだっただろう。

ドコモダケに関しては、ある時急にあの無表情のキノコのキャラクターに魅了されて、狂うように集め始めていた。学生時代にチェブラーシカにハマっていた友人がいて、その時はたかだか2次元(もしくは3次元)のキャラクターに対してどうしてこんなにも情熱を注ぐことができるのか、まったく理解ができなかったのだけど、自分がドコモダケにハマった時に彼女の気持ちが痛いほどによくわかった。これはにも似たような気持ちなのだ。その姿を見ると胸がキュンキュンしてしまうし、できることならいつでも一緒にいたいのだ。
そして、普段から「ドコモダケが好きだ」とアピールしていると、友人とか同僚とか、はたまた別部署の上司などいろんな人(というかつまりはドコモユーザー)がドコモダケグッズをプレゼントしてくれる。そうしてまたドコモダケ愛がますます増幅する、といったサイクルが4年くらい続いていて、ある時急に醒めた。あの情熱はなんだったんだろう?と自分でも不思議になるくらい、急に醒めた。今では大量のドコモダケグッズを実家に保管したまま、手をつけられないでいる。

そして調理器具に関しては、単に「パン・焼き菓子の製作」趣味兼ライフワークだったからだ。会社勤めをしながら製菓専門学校に通っていたこともあり、合羽橋などでいろいろと揃えていた。ブダペストでの生活を始める前に人に譲ってしまった物もあるけれど、また日本にも持ち帰った物もある。まあ、これに関しては「コレクション」というより、実用的な意味合いの方が強いし、いずれ改めて語りたい。

で、最近は何をコレクションしているかというと、旅行先のお土産屋で買うマグネット

IMG_7838

ポストカードやピンバッジ、スノードームをコレクションしている友人たちもいるけれど、私はマグネットにこだわっている。さらに、訪れた場所で最も印象的なシーンの絵柄を選んでいる。
そして、こうして見ると改めて、自分が廃墟が好きだということを実感せざるを得ないのだった。

↑このページのトップヘ