ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2016年7月末よりハンガリーのブダペスト(=ドナウの東)で生活し、2019年8月末より東京(=遥かもっと東)へ。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

ウクライナ・ザカルパッチャ地方の最初の目的地、ウジホロド(Ужгород)。小高い丘をてくてくと登ると、ウジホロド城(Ужгородський замок)に到着した。

FullSizeRender

ここで入口の手前で既視感のあるミニチュア銅像を発見。

FullSizeRender

見れば見るほど作者が誰なのか、だんだん確信が強くなってきた。


門にあるチケットオフィスで入場券を購入し、城壁の内部へ。ハンガリー建国神話に登場する伝説の鳥「トゥルル(Turul)」像が出迎えてくれて、この地がかつてハンガリー領内であったことを改めて実感した。

FullSizeRender


城の建物の内部は博物館となっていて、展示物から街の歴史が伺えた。

IMG_3164

IMG_3161

広々としたチャペルもあり、天井と壁には美しいフレスコ画。

FullSizeRender

とても幻想的な空間だった。


ちなみにトゥルル像の近くにワイン・テイスティング・ホールなるものを見つけたので、さっそく中へ。

IMG_3174

リンゴとチーズをおつまみに、白ワイン、赤ワイン、貴腐ワインの合計7種を順番に味わった。

IMG_3171

これがひとりなんと65フリヴニャ=約274円。同じくザカルパッチャ州のベレホヴェ(Берегове)にある「シャトー・チザイ(Chateau Chizay)」というワイナリーのもので、全体的に甘めなのが特徴的だった。

IMG_3173


ところで私は外国を旅する際、


と、挨拶表現を現地語で書いたメモを持ち歩いていて、今回も特に「こんにちは」と「ありがとう」をいちいち読み上げながら観光していたのだけど、そうするとそれまで無表情だった博物館のスタッフもまるでぱぁーっと花が開くように明るい表情になって、笑顔で応対してくれた。相手が何を話しているのかは全然わからないのだけど、そういう体験がとても嬉しかった。


そして、ウクライナ・ザカルパッチャ州旅行編はまだまだ続く、というか始まったばかりだった。

ウクライナ・ザカルパッチャ地方旅行の最初の目的地は、州庁所在地のウジホロド(Ужгород)。街の中心地には、地名の由来ともなったウジュ川が流れ、静かな雰囲気に包まれていた。

IMG_3101

IMG_3112


ふと、橋のたもとでどこかで見かけた銅像を発見。

FullSizeRender

"Ignatius Roshkovych"という人の銅像とのことだけど、どこかで見たような・・・?? その正体はすぐに明らかになったのだけど、また別の記事ということで。


この辺りは歩行者専用の広場になっていて、銅像の近くの建物はかつて劇場だったようだ。

IMG_3118


そして、広場の先には大きなシナゴーグの建物。

IMG_3119

ここは現在は、フィルハーモニー・オーケストラのコンサートホールとなっている。


シナゴーグの横には、ウジホロド子供鉄道(Ужгородська Дитяча Залізниця)の駅があった。

IMG_3127

遠目に見て、ブダペストの子供鉄道と同様に子供たちが実際に働いているのだと思われた。こちらもかつての「ピオネール」の名残りなのかもしれない。

もう少し近付いてみると、ちょうど発車するところだった。

IMG_3125

ゆっくりゆっくり進んでいく様子を見送りながら、賑やかなエリアへと足を向けた。


約100年前まではハンガリーに属していた街だからか、建物からはどことなくハンガリーらしさが伺えた。

FullSizeRender

が、目で見るものも、耳に入るものも、ほぼウクライナ語。幸い、プリペイドのSIMカードを求めて入ったお店ではなんとか英語が通じたのだが、それでもだいぶGoogle翻訳にお世話になった。


このあと街の主要観光スポットでもある「ウジホロド城(Ужгородський замок)」へと向かった。

まだまだ2019年の夏休みは始まったばかり。ドルトムント(Dortmund)から帰ってきた翌朝は早起きして、友人と待ち合わせて車で次の旅へ。3時間ほどで国境検問所のあるザーホニ(Záhony)に到着した。

FullSizeRender


手続きを済ませて、いよいよハンガリーの隣国ウクライナに入国。

IMG_3086

あっというまに目に入ってくる文字がキリル文字オンリーとなり、若干目が混乱した。


そのまま車を走らせて、今回の旅行の最初の目的地兼滞在先であるウジホロド(Ужгород)へ。これから4泊5日でこの街に州庁を置くザカルパッチャ州を巡ることにしていた。街の中心地には、最高会議選挙に向けての候補者たちのプラカードが並ぶ。

FullSizeRender

キリル文字が並ぶ中、ふとハンガリー語が見えた。候補者のひとり、バルタ・ヨージェフ(Barta József)氏のプラカードだった。どうやらハンガリー系らしい。「我々にとってカールパートアヤがファーストだ!(Nekünk Kárpátalja az első!)」というスローガンも掲げられていた。「カールパートアヤ(Kárpátalja)」というのはハンガリー語で、ザカルパッチャ州に位置する地域名のことだ。 約100年前、第一次世界大戦以前この地域はハンガリーに属していて、ウジホロドはハンガリー語名で「ウングヴァール(Ungvár)」という。


滞在先は「ホテル・ウジホロド(Hotel Uzhgorod)」。予想していたよりずっとしっかりした佇まいで、ちょっと安心した。

IMG_3099


これまで、オーストリアスロヴァキアルーマニアクロアチアセルビアスロヴェニアとハンガリーの隣国の数々を、その中でも特にかつてのオーストリア=ハンガリー二重帝国もしくは旧ハンガリー王国の領土を中心に旅してきたのだが、今回その中で唯一未踏だったウクライナを訪問したことでついに全制覇となった。というわけで、約100年を経てこの地域がどのように変化したのか、まだどれだけハンガリー文化は残っているのかを体験する旅のはじまり、はじまり。


次回に続く!

↑このページのトップヘ