ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2016年7月末よりハンガリーのブダペスト(=ドナウの東)で生活し、2019年8月末より東京(=遥かもっと東)へ。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

先日新聞を読んでいたら、最近は食品ロス(フードロス)削減に取り組む通販サービスがいくつもあることを知った。ブダペストでの生活では、日本でだったら確実に「規格外」とされてしまいそうな野菜を普通に購入して食べていた。たとえば↓のキュウリだったり、



↓のニンジンだったり。



だから、生産者さんたちがせっかく丹精込めて育てた野菜が、「規格外」のために廃棄されてしまうのは、なんとも心苦しく思う。また、せっかくいっぱい育って「豊作」となっても、供給過剰となってしまうので結局廃棄しなければならなくなってしまうのも、ものすごくもったいない話だ。

ちょうど外出自粛のため、そろそろ野菜もネット通販で購入しようかと考えていた時だった。というわけで、さっそくそのサービスのひとつ「フリフル」の通販サイトで購入したのが、野菜の詰め合わせセットと、



熊本県天草産の新玉ねぎ10kg



数日後に到着したダンボールを開けると、新鮮な野菜が種類豊富に入っていた。

FullSizeRender
FullSizeRender

新玉ねぎ10kgというボリュームにも圧倒されながら、この日の夕食に生玉ねぎサラダを1品。

FullSizeRender

生の玉ねぎって昔は苦手だったのだけど、この新玉ねぎはほどよい甘みで美味しくて、あっというまに2分の1個分を完食した。玉ねぎは普段からカレーその他の料理にもどんどん使っているので、おそらく数週間後には再発注していることだろう。

先月始めたベランダ菜園では、イタリアンパセリローズマリーのプランターと別に、ニラも育てている。



で、どうして育て始めた時点でその写真を撮影しなかったかというと、購入した苗がそれこそ根の塊そのものだったので、カメラに収めたとしても、なんだかよくわからない写真になってしまいそうだったからだ。正直、あのから本当に芽が出るなんて、ほとんど半信半疑だったのだ。

でも、気付くと日に日に成長して、25日目でこれくらいにまで順調に育っている。

FullSizeRender
太陽の光をたっぷり浴びて、もっともっと大きくなったら、いろいろと料理に活用してみたい。

年が明けてからこんな感じで東京に、というより1日のほとんどを自宅で過ごしているので、すっかり自作料理に関する投稿ばかりになってしまっているのだけど、実はこの4月から新しい生活を始める予定だった。そういうこともあって、ここ半年間くらいは自宅の片付けを含めて、何かしらいろいろと準備をしていたのだった。

なのに気付くと世界中でこんな事態になってしまって、それこそそんなの昨年末にブダペストに行った時とか、旭川に行った時とか、ましてや2020年になってからだって想像もしていなかった世界になってしまった。結果、予想していたカタチではないとはいえ新しい生活となったために、個人的には全然実感がなくて悶々としている状態のまま、日々を過ごしている。まったくいつまで続くんだろうこのコロナ禍。このままだと終息するのはゴールデンウィーク明けどころか年末くらいなんじゃないかという気もしている。本当に一刻も早く終息してほしいものだ。

当然として、自宅で料理する機会もさらに増えた。この日のランチは生フェットチーネを使ってサーモンとベーコンのクリームパスタ

IMG_7986

サーモンもとい鮭のアラを使ったために、小骨どころかに注意しながら食べざるをえなかった。ホワイトソースはバターと小麦粉と牛乳、それにたっぷりのタマネギを使ったら、びっくりするくらい美味しく仕上がって、鮭とホウレンソウ、そしてシメジとパスタとの相性も抜群となった。ホワイトソースっててっきり市販のものを使うイメージがあったのだけど、冷蔵庫にある食材だけで充分本格的にできてしまうことに初めて気づいた。グラタンやドリアにも応用できそう。

こんな感じで、自分の料理レベルが少しずつ向上しつつある。こんな状況下だから、そんなプロセスが楽しみでもある。

↑このページのトップヘ