ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2016年7月末よりハンガリーのブダペスト(=ドナウの東)で生活し、2019年8月末より東京(=遥かもっと東)へ。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

ベランダ菜園で今年育てているのは、ニラパセリローズマリー青紫蘇ミニトマトゴーヤキュウリナス、そしてピーマンの8種類。
さらに去年の土からバジル春菊が勝手に育ってきたので、合計10種類の野菜&ハーブを栽培していることとなっている。

そのうち予想外にも絶好調なのがピーマン。5月の半ばにはもう実を付けていて、

FullSizeRender
IMG_3775

少しずつ着実に大きくなっていった。

IMG_3791

さらに他の実も順調に、太陽の光をいっぱい浴びて、鮮やかな緑色に成長。

ちょうどキュウリの1本目とともに収穫した。


IMG_3856

野菜高騰が囁かれる中、こうして家庭菜園で収穫できるのはとても嬉しい。
まだまだ夏野菜の季節は始まったばかり。手塩にかけて、しっかり育てていきたい。

この日は所用で水天宮前へ。
地下鉄の駅から地上に出ると、広々と伸びる新大橋通りが見えて、人形町とか浜町とか蛎殻町などで飲み歩いた昔のことをちょっとだけ思い出した。今はもう戻れない、あの頃。

ランチタイムを目指して、あえて予定の時間よりも早めに到着し、事前にネットで調べていた「汁なし担担麺ピリリ」へと向かった。
お店はビルの2階。ちなみに1階には讃岐うどんのお店があってそこも気になってしまった。

階段を上がって店内に入り、まずは販売機で食券を購入・・・なのだが、PayPayでの支払いの場合は店員さんに声をかけて注文する、というシステムになっているようだ。白胡麻とも迷ったが、結局「汁なし担担麺 黒胡麻」を注文した。なお、選べる辛さは初心者のため「普通」を選択。
と、ここで白い服を着てきてしまうという痛恨のミスに気づいてしまったのだが、とってもありがたいことに紙エプロンが備え付けられていて助かった。

程なくして料理が到着。ほのかな刺激が嗅覚からも伝わっていて、食欲を誘った。

IMG_3819

たっぷりと盛り付けられた肉味噌は、黒胡麻の贅沢な風味と花山椒のピリリとした刺激が効いていて、絶妙な美味しさに。さらに、刻みネギ、シャキシャキの水菜と干しエビが、それぞれ新鮮なアクセントとなっていて、するすると麺が口の中に入っていき、あっという間に完食。
いつまでも余韻に浸りたい味と刺激だった。

ところで、担担麺屋専門店ながらとてもスタイリッシュな店内も居心地が良かった。

IMG_3816

880円ですっかり非日常気分を味わえて、なんとも贅沢なひとときだった。


用事を済ませて、重盛の人形焼で(自分へのお土産)を購入。

IMG_3827

1個足りないのは、写真撮る前に1個食べたから。
久しぶりに食べたので、ちょっと懐かしかった。

この日は所用につき吉祥寺へ。
用事を済ませたところでちょうどランチタイムになったので、複数のグルメ情報サイトを検索した結果、すっかりカレーの気分になった。とはいえ、吉祥寺にはカレーの名店が多くて、なかなか絞り込めない。
そんな中、カリーつけ麺キーマカリーの両方を一皿で愉しめるというなんとも贅沢なお店を発見した。その名も「モンタナ」
さっそく地図を頼りに足を運んだのだった。

FullSizeRender

カウンター席に案内されて、該当の「モンタナ カリープレート」を注文した。初心者なので選べる辛さはレベル2「ディレイ(後から追いかけてくる、中辛レベル)」を選択。

ほどなくしてプレートが到着。一皿に麺、スープ、キーマカリー、サラダが綺麗に盛り付けられていて、見た目も鮮やかだった。

IMG_3710

先にサラダをいただいてから、まずはカリーつけ麺から。

FullSizeRender

魚介系の味わいに、文字通り「後から追いかけてくる」辛さが心地良く味覚を刺激した。たっぷりと乗せられたチャーシューも食べ応え満点だ。

そして、途中でキーマカリーへと路線変更。

FullSizeRender

最初のひと口目はそのままで、ふた口目からは卵の黄身を和えながらいただいた。マイルドな味わいながら、こちらも「後から追いかけてくる」辛さ
その辛さがいつまでも余韻に浸りたいようなくらいの美味しさだったので、次回はもう少し辛さレベルを上げてみようと心に誓った。

お腹も心も大満足で、次の目的地へ。
それにしても、お店の前のポスターにあった「モンタナカレー混ぜそば」もとっても気になった。
いくら胃袋があっても足りないね。
 

↑このページのトップヘ