ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月末よりハンガリーのブダペストで生活し、2019年8月末より東京へ。毎日が新しい発見の連続です。

2016年7月末よりハンガリーのブダペスト(=ドナウの東)で生活し、2019年8月末より東京(=遥かもっと東)へ。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

食料庫棚を整理していたら、一昨年ハンガリーのタヒトートファル(Tahitótfalu)イチゴ祭りの会場で購入したイチゴジャムを発掘。


一昨年のものだけど、砂糖が充分に入っているので賞味期限はないのだ。

IMG_2482


開封した瞬間に、ふんわりとイチゴの香りが漂ってきた。中身もイチゴの実がしっかり。

IMG_2481


カリカリに焼いたトーストに塗って、ちょっとだけ贅沢な朝食となった。

夏服を整理していたら、引き出しの中から新品のTシャツを発掘した。

IMG_2284

おそらく、3年間過ごしたハンガリーを離れる際に知人からいただいたものだと思われる。



あれから2年ちょっとしか経過していないのに、すでに遠い思い出になってしまっていた。あっという間だったという感覚はまったくなくて、この2年間大なり小なり変化はあったのだ。

Tシャツにはハンガリー名産の蒸留酒のイラストがずらりと並んでいる。エグリ・ビカヴェール(Egri Bikavér)にトカイワイン(Tokaji Bor)、ヴィルモシュ(Vilmos)、ウニクム(Unicum)、そしてパーリンカ(Pálinka)。こうして振り返ると、ヴィルモシュ以外は何度も堪能していた。 

このTシャツ、残念ながらもう少しスリムにならないとサイズが合わなさそうなので、来年の夏こそおしゃれに着こなすべく、もう少し頑張ることにする。
それまでは、部屋に飾ってインテリアのアクセントにしておこう。 

千駄木を歩いていると、ひときわインパクトのある看板が目に入る。

IMG_2125

これより大きな毛沢東は今まで見たことがないし、今後見ることもないかもしれない。

前回訪れたのが2020年2月なので、実に1年半ぶりに「毛家麺店」を再訪することに。



あの頃はまだ新型コロナウイルスがこんなに日常生活に影響を及ぼすとも、こんなに長く感染拡大が続くとも、予想もしていなかった。

今回も名物の坦々麺を注文。

IMG_2128

まろやかな胡麻の風味の中に、ピリリと花山椒の刺激が心地よく感じられて、じんわりと汗をかきながら味わった。つるつるの細麺との相性もよくて、あっという間に完食。

それにしても、店内で別のお客さんが注文していた炒飯もとっても美味しそうで気になった。 次こそは別のメニューにも挑戦してみないとね。

↑このページのトップヘ