ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月からハンガリーのブダペストでの生活を始めました。毎日が新しい発見の連続です。

早稲田大学在学中に交換留学で1年間ドイツのライプツィヒ大学に留学。
卒業後はドイツ系→入社3年目でアメリカ系に買収→日系広告代理店→半年間のブランク→日系外食産業を経て、2016年夏ハンガリーのブダペストで新生活を始めました。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

ちょっとコーヒー豆でも冒険したくて、ブダペスト5区の「モン・カフェ(Mon Café)」でパッケージを見て気になった「マーリー・コーヒー(Marley Coffee)」というメーカーのオーガニックコーヒーを衝動買い。

FullSizeRender

イラストに描かれた男性がレゲエミュージシャンのボブ・マーリー(Bob Marley)を彷彿させる感じだと思っていたら、実際子息であるローハン・マーリー(Rohan Marley)氏が手がけている会社とのこと。


ブダペストから遠く離れたジ
ャマイカのナインマイル(Nine Mile)に思いを馳せながら(※行ったことはないけど)、その香りと味わいをじっくり堪能した。このコーヒー豆も、まさか遠いハンガリーの地まで来て、日本人によって挽いて淹れられるなんて思っていなかっただろうな。


この日の朝は(も)寝坊気味でテレビの天気予報をほとんど観ないまま出かけてしまい、外はほんのりと雪が降っているような降っていないような天気だったので、普通のスニーカーで出かけたことを若干後悔したりはしていた。それでも出先ではずっと建物の中にいたので外の天気をまったく気にすることなく半日過ごしていた。


そしたら。

FullSizeRender


用事を終えて建物の外に出ると、また笑っちゃうくらいの大雪。さらさらとした粉雪だったので、コートに着く綺麗な雪の結晶を眺めたり、ふかふかに積もった雪の上を歩いたりして、すっかり童心に帰ってはしゃぎ倒した。


そして、ドナウ川の向こうのブダ王宮もすっかり雪景色。 真っ白な世界の中、トラム2号線のイエローカラーが鮮やかなアクセントになっていた。

とあるご縁で、香川出身の方から地酒「勇心 純米吟醸 14号」をいただいた。

IMG_9279

ブダペストでの生活で、こうした日本の地酒かつ銘酒をいただけるというのはとっても貴重な体験だ。というわけでキンキンに冷やしてから、生タマネギのスライスとともにオリーブオイルと塩と黒胡椒で味付けしたスモークサーモンとともに。

IMG_9282

キリリと爽やかな辛口が、スモークサーモンの塩味と生タマネギの苦味を軽やかにまとめてくれる感じで、新しい発見だった。アルコール度数は15度以上16度未満と、ワインと比べたら高め。でも、こうして日本酒をワインのように考えると愉しみ方が広がるし、逆もまた然り、なのではないかとつくづく思った。

そして、開栓した瞬間はじっくり大切に味わおうと思っていたし、実際そうしていたはずなのだけど、気づくとあっという間に1本空けてしまっていた。それだけ至福の時間が続いていたのだった。


↑このページのトップヘ