ドナウの東か、遥かもっと東から

2016年7月からハンガリーのブダペストでの生活を始めました。毎日が新しい発見の連続です。

早稲田大学在学中に交換留学で1年間ドイツのライプツィヒ大学に留学。
卒業後はドイツ系→入社3年目でアメリカ系に買収→日系広告代理店→半年間のブランク→日系外食産業を経て、2016年夏ハンガリーのブダペストで新生活を始めました。
日々の出来事をときどき交えながら、ハンガリーや周辺諸国のグルメ、観光情報などをご紹介しています。

王宮の丘のウィーン門(Bécs kapu)のあたりを散歩していたら、その脇に美しいピンク色の花が咲いていた。

IMG_4060

その木の下には、"BELGRÁD"と刻まれた石碑。ハンガリー語で「ベオグラード」の意味だ。

IMG_4061


よく見ると、このあたり一帯それぞれの木の下に、ヨーロッパの各都市の名が刻まれた石碑が置かれてる。あとで調べてみたところ「ヨーロッパ公園(EURÓPA LIGET)」という公園だった。

IMG_4063


木の種類もそれぞれ違うのかな。

IMG_4065


そして、また「ベオグラード」の木の方に戻ると、門の脇にはこんな標識。

IMG_4058

ハンガリー各地で道路標識などで見かけるこの文字は、「ロヴァーシュ文字(rovásírás)」という。ネットで検索して解読してみたところ、“BUDAVÁR”、つまり「ブダ城」のことだった。ちなみに文字は右から左に読む。


初見で解読できるようになったら面白いだろうな。

去年の8月からキッチンでバジルを育てている。バジルってずっと一年草だと思っていたのだけど、冬も室内が暖かかったせいか、かれこれ8ヶ月経った今もなお新しい葉を付けながら生き残っている。
そして、今年の2月から育てているパクチーもだいぶ大きくなってきたので、そのうち適量を収穫して一品作ってみた。

FullSizeRender


オリーブオイルで炒めたタマネギに、茹でたパスタとツナ缶を加えてさっとあえて、小さじ1杯の醤油と8分の1にカットして絞ったレモン汁だけのシンプルな味付け。でも、レモンの酸味のおかげでパクチーの独特な味わいもあまり気にならず、清涼感あるあっさりした口当たりになった。


パクチーはまだそれなりには残っているものの、だいぶ使ってしまったので、また種を蒔いておいた。今後はタイカレーにして食べてみたいな。
 

ハンガリー語のレッスンの後、リュックの中の荷物を整理している途中、空の卵パックが出てきたので、うっかりまた先生に言ってしまったのだ。「これからレヘル市場(Lehel Csarnok)に卵を買いに行くの」なんて。そしたら先生が「ちょっとそのまま待ってて!」と、冷蔵庫から卵のパックを取り出してきた。

FullSizeRender


先日のメドヴェハジマ(medvehagyma)に引き続き、今度は先週末に彼女の義実家で飼っている鶏から産まれた新鮮な卵を、たっぷりとおすそ分けしてもらってしまった。一旦遠慮したのだが、「うちでは食べきれないから」とのことで、まるまる1ケースいただいてしまった。


市場やスーパーで買う市販の卵と比べて、殻がとても薄く、中の黄身の色はオレンジではなく淡い黄色だった。念のため火を通して目玉焼きにして食べたところ、黄身がふんわりと柔らかくて美味しかった。メドヴェハジマ(medvehagyma)の時も感じたのだけど、こうしてたっぷりの自然の恵みの中で育った食材って、なんてこんなに美味しいのだろう。だんだんBIO志向に傾いていく自分に気付きつつある。


そのうちの2個を使い、豚ひき肉とタマネギとキッチンで育てているバジルと一緒にハンバーグを作って、次のレッスンの際にお礼に差し上げた。これからはレッスンの後に市場に行くことも、何を買う予定なのかも、先生にはなるべく言わないようにしないとって思いながらも、やっぱりこの卵をまた食べたい、というのが本心である。

↑このページのトップヘ